月別アーカイブ: 2010年12月

また来年という気持ちだけではいけないのですが

Posted on 2010/12/31

自宅の大掃除も済んでいないというのに、帰省した関係で実家の大掃除のお手伝い。まあどちらも我が家と言えばそうなのですが、日頃暮らしている東京の部屋はなかなか奇麗にするタイミングがありません。2010年という年は私にとってそれなりに新たな事への挑戦も出来たとは思っているのですが、急速に進む現代社会のスピードと比べたらまだまだ各駅停車といったところ。来年はどんと加速したいと考えています。
実家のある長野には昨日の雪が名残惜しく残っていて、なんだか2010年の大晦日に自分の心を見透かされたよう...。正月が明けたらまず東京の部屋を奇麗にする事から始めようと思います。

トンネルを抜ける前から雪だった

Posted on 2010/12/30

予定通り実家長野への帰省。MINIで走るにはちょっとばかりスケジュール的余裕が無い事と、各地でニュースになっている大雪の心配があったため高速バスを利用。MINI用のスタッドレスタイヤなど持っていませんし、仮に持っていたとしても路面が濡れている時は走らないよう決めていますので...。
これにてMINIは東京の駐車場でカバーを掛けられたままピカピカで保管。奇麗なのは良いのですがETCも付けてあるのに走らなければ意味がありませんね...。
私にしては珍しく、新宿バスターミナルから出発するなり熟睡してしまって、気がついたら双葉サービスエリアに到着しておりました。この間約2時間。居眠りしていても移動できるなんて実にありがたいです。その後間もなくして窓ガラス越しの風景は銀世界へと変わっていきました。雪掻きをするほどではありませんが、12月らしい寒空は、静かな夜を連れてきてくれそうです。

かなりお得なクロスグレード

Posted on 2010/12/29

11月に行われたInterBEE(国際放送機器展)にて発表されたPro Tools 9ですが、私もそれなりに気になってはいたものの、自宅のPCにインストールされているPro Tools 7をすぐにアップグレードしようとは思っていませんでした。もともと自宅で使用していたものはFocusriteのマイクプリアンプ内蔵デバイスをセットにした元祖M-BOX。

最新ソフトウェア9の最大のトピックスは、これまでPro Toolsが専用デバイスをドングル代わりにしてライセンス管理を行っていたところ、iLockによるオーサライズ管理に移行する事で完全なるソフトウェア販売へと変更した点です。これによってWindowsならASIO、MAC環境ならCore Audio準拠のデバイスであればユーザーがハードウエアをチョイス出来るという自由度が一気に広がりました。勿論iLockさえ持ち歩けば外部デバイス無しにも起動出来るメリットもあります。マイクやライン入力を必要としない作業であれば随分シンプルな構成も実現出来るというわけです。

さて、なぜ私がリリースから1カ月半も遅れてこのような話題を出しているかと言えば、それは最新ソフトウェア9では、標準でOMF/AAF/MXFファイルの読み込みをサポートしているという情報を得たからです。これまで(少なくとも私が使っている7)は、OMFやAAFを読み込む為にはPro Toolsソフトウェア以外にDV Tool Kitが別途必要でした。Pro Toolsソフトウェアが3万円ほど(ハードウエアデバイスの性能を考えなければ)で入手可能なのに対し、DV Tool Kitが確か16万円ほどしていましたからちょっと手が出ずにいたのですが、それが今や標準機能だというのですからちょっと気持ちが揺らぎます。

以前のバージョンからのクロスグレードであれば2万6千円程で最新の9にバージョンアップ可能ですから、私も現在検討中。映像や音楽業界で仕事をしているとPro Toolsとのデータ渡しが結構ありますから日頃から動作検証用ツールとしても重宝しそうです。

まだ年賀状が出し切れていなかったりもするのに

Posted on 2010/12/28

世間は今日辺りから年末年始休暇という人も多いのでしょうか?そのつもりで乗り込んだ通勤電車には思いの他沢山の人が乗っていてなんだか実感の湧かない年の瀬です。

私も年に2回くらいしか実家の長野には帰っていないのでこんなタイミングこそは!と思うのですが、そんな気持ちをいつもフライングする感じで母親からはCome backの電話が入ります。「30日から休みなら30日には帰ってくるでしょ?」と躊躇無く言われるのですが、こちらもいざ帰ろうと思うとそれなりの準備が必要でして...。

少なくとも帰省の数日前から準備しなくてはならないのは水槽のセッティング。オートフィーダーの給餌タイミングは最低24時間前にセットしなければいけませんし、マメスイッチによる自動給水装置の動作具合も1日は様子を見たいところ。

そして今回は使っていないもう1台のPS3を実家のビデオレコーダーとして利用する為、急遽torneを購入しそれらも合わせてセットアップ。驚く事に実家にはインターネット環境がありませんから、ソフトやファームウェアアップデートを行うには我が家でセットアップを済ませてから持ち込む必要があります。

更に、当blogの更新なども考慮すればパソコンのダイヤルアップ接続等の準備もしなくては、いざ接続しようと思った時にモデムのドライバーさえ手に入らず...という事態に陥る可能性もあります。しかも今回は愛車MINIではなく高速バスを利用しようと考えていますから、荷物の減量を狙ってMac Book Pro以外の小さなPCでそれらの環境を徐に整え、膨大な写真データなどを移行し、RAWデータの現像環境の構築が必要となれば、どう考えても丸1日くらいの準備期間が必要というもの。

年末年始くらいはゆっくり過したいものですが、実は毎年そんなこんなで返って忙しかったりします。

泊まりがけで走るなんていいじゃない

Posted on 2010/12/27

La Festa Mille Migliaは毎年秋に開催され、公道約1,000マイル(1,600km)を走り抜けるクラシックカーイベント。東京から福島辺りを折り返し横浜でゴールを迎えるらしいのですが、参加出来る車両は1967年以前に製造された車のみ...。ん〜私のMINIは参加出来ず。だって2,000年モデルですから。でもMINIの誕生は確か1959年のはずですから、ビンテージ車両なら参加出来るのかも知れませんね。La Festa Mille Migliaはラリーとは言え、恐らく激しい争いをするわけではなくてノリとしては ”スタンプラリー” のようなものだと思っています。

2011年は10月8日〜12日の4日間で開催されるそうです。毎年、その時期になるとクラシックカーが連ねて走り抜ける風景を眺めてみたいなぁと思うのですが、未だに1度も見た事はありません。どうせなら見るのではなく参加したい...。4日間、皆が同じ目標に向かって走り続けるなんてぜったい楽しいはず。

MINIには毎年MINI DAYがあって、それはそれで楽しめるイベントではありますが、公道を皆で一緒に走る...そんなのあったらいいのにと思います。

今年最後の日曜日

Posted on 2010/12/26

クリスマスが終わると時間の流れは加速度的に速くなりますね。街にはクリスマスイルミネーションの残骸が比較的硬い冬の光に照らされていました。

厚着をして郵便局までトレンクルで向かいましたが、先週までと違うのは途中で引返したくなるほどの冷たい空気。これをクリスマス寒波と呼ぶそうな。休日の郵便局には沢山の人が列を作っていましたが、その先にいったい何があるのか少しだけ気になりながら、どっさり溜まった年賀専用ポストに私のそれもそっと放り込んで、行きとは違うルートで帰宅。

そろそろ年末休暇に向けて、もろもろの段取りを考えないといけません。

時間が無いなりに全力で

Posted on 2010/12/25

年賀状はクリスマスまでに出しましょう...とTV-CMでは諄いくらい流れているというのに、今年は未だに1枚も完成しておりませんでした。仮に1日くらい遅くなったとしても26日中に投函すればまだ元旦に間に合うだろうと、夜になってから慌ててその準備に取りかかりました。

毎年の事ですが、葉書裏面のデザインは12月上旬には大体完成しているのですが、そこからテスト印刷を行って微調整に随分時間がかかります。Photoshopで作成した画像データをプリントする場合、ものによってはRGBからCMYKへの変換が関係してきますし、モニターの色温度と部屋の環境光との兼ね合いも考慮しなければ印刷時に想像以上の差が出るというものです。私も印刷は専門ではありませんからこの辺りのノウハウは持ち合わせておらず、今でもトライアンドエラーの繰り返しで追い込んで行くという原始的方法をとっています。

我が家では設置環境の関係でプリンターにはモバイルタイプを使用していますが、数年前に比べれば大分高性能になったものの据置型程の解像度も色再現性もありません。一番苦労するのは黒の再現ですが、通常 ”黒” を印刷する場合にはブラックインクが使用されるところプリンターの種類によってはCMYによって黒が作られる事もあり、その場合には黒が浮きます(グレーっぽくなります)。昨年まではPhotoshopでカラーのレイヤーとモノクロのレイヤーをレイヤーグループで分けておき、プリント時はカラーレイヤーだけを先に印刷し、プリントプロパティを白黒印刷設定してからモノクロレイヤーを印刷するという2度刷りを行っていました。こうする事でモノクロ印刷時はブラックインクが使われる為、黒浮きする事が無いのです。勿論、2度刷りを行うと多少の位置ズレが出ますから、カラーレイヤーよりもモノクロレイヤーの各オブジェクトを若干大きく作っておく必要があり、これらの繰り返しに尋常ではない時間がかかりました。

で、今年はもう時間がありませんし、カラー印刷のみの一回刷り。カラー印刷でもギリギリまで黒が絞まるようにカラープロファイルの設定をテストしましたが、やはり2回刷り程奇麗にはいきませんね。それでも時間がないとは言え、1枚1枚コメントをデータ入力(字が下手なのでPhotohsop内でテキスト入力します)しましたから、気がついたら明け方になっておりました。これで何とか明日中に投函出来れば元旦に間に合うでしょう。

端っこだけど3列目

Posted on 2010/12/24

今年のイブは植村花菜さんのクリスマスライブに行ってきました。品川ステラボールは仕事場のすぐ脇にある建物でしたから少々気が引けたのですが...。

”トイレの神様” という曲で一気にブレイクした今年でしたが、その曲調と歌詞に共感してか観客の年齢層は幅広く、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで様々。”トイレの神様” しか聴いた事がないという人はこのライブを見てポップスやフォークやロックテイストなど、曲のバリエーションに驚いたかも知れませんね。そしてその圧倒的な歌唱力とギターの腕前にも。

私自身も ”予習” をした上で望んだライブでしたが、まさかストラトをガンガン弾きながらのアンコールまでは予想が付きませんでした。シーケンサーの入らない4リズムからなるバンドサウンドは久しぶりに音楽の原点を見せられたようで実に気持ちの良いものでした。

苦労して手に入れた連番チケットの座席が列の一番端だったことは少々残念でしたが、最高のクリスマスイブ。

イブイブとは誰が言い始めたのか

Posted on 2010/12/23

世間的には明日のクリスマスイブも大切でしょうが、今日の天皇誕生日がクリスマスイブを兼ねたご家庭も多いのではないかと思います。

私にとって今日の休日は、少し疲れた体をゆっくり休める日だったわけで、今月いっぱいに期限が迫っていたペンギンビレッジのポイントカードで海水の素を購入しに出かけた以外は、あっという間に日が暮れてしまった感じです。

世間的にも我が家の近所を歩いている人は週末に比べれば幾分少なめで、季節感とは無縁の選挙カーが騒がしく走り回る以外は案外おとなしい木曜日の祝日でした。

知らない土地へ行くために

Posted on 2010/12/22

ふとしたきっかけで思い出し、しばしネットサーフィンのきっかけとなったGARMIN製最新サイクルコンピューター ”Edge 800”。

GARMIN製のサイクルコンピューターは、私が使っているEdge205以外に、Edge305、Edge500、Edge605、Edge705があり、どれもGPSを使用した位置情報と速度を計測するツールですが、地図表示が出来るのはEdge605以上のモデル。しかしフラッグシップモデルである705でもスケール切り替えなどの描画速度が随分遅いというのが専らの噂でした。

そこで今年10月に本国でリリースされたのがEdge800で、サイクルコンピューターとしてのデザインも一新され画面サイズの拡大、タッチパネル操作によるヒューマンインターフェースを実装、描画速度も飛躍的に高速化されたとの事。これなら愛用している205からの買換えに十分な理由となるわけですが、いかんせん英語版のみ。OS自体が英語なのは205でも同じですから問題ありませんが、肝心な地図が何処かの国のものでは役に立ちません。やっぱり日本の詳細地図がインストールされている必要があります。

いろいろ調べた結果、少し手を入れれば、OSの日本語化と日本地図のインストールが出来そうだとの情報をGETしました。であれば円高の今購入するのが一番賢い買い方というもの。早速ネットで手配したところ、やはり皆考える事は同じようで今年の入荷分に関しては既に完売で最速でも来年1月中旬入荷分を狙う感じ。

手に入らないとなると無性に欲しくなるといものですが...。