月別アーカイブ: 2011年2月

MINI MARUYAMA 13インチ ブラックモデル(1)

Posted on 2011/02/28

昨年11月のJAPAN MINI DAYでiRさんから購入したアルミホイール。フリーマーケットというスタイルながら、私が購入する事を承知でほとんど ”お取り置き状態” でしたから、一昨年の同じ日に迷っていた私の気持ちを1年後に後ろからトーンッと押してくれたようなものです。

しかしこのホイール、購入してからまだ一度も愛車MINIには装着されておりません。装着どころか私の手元に届くまでも無くiR MAKERSさんから直接塗装業者さんの所へと送られて行きました。購入した時は8分山位のタイヤが付いていましたが今はそれも外して頂き、 ホイール全体をチャコールブラックに仕立てて頂いております。

MINI MARUYAMA製のこのホイールの特徴は何と言ってもセンターキャップのCOOPERロゴとホイールリムにも同じくロゴステッカーが貼ってある事。これらのロゴが無いものはパナスポーツブランドで売っていますから全体をただブラックに塗ってしまうのは少々勿体無いです。でもだからといってメッキでギラギラのセンタキャップのみオリジナルのままではブラックのホイールとのバランスが悪くなります。

そこで無理を言って作業して頂いているのが、これらのロゴを全てペイントにて再現!というわけです。ただ、言うは易し...でして、実際の作業はかなり大変なようです。

こういったロゴなどをペイントで再現する為には、既製品のフォントでもない限りオリジナルロゴの形を撮影しアウトラインデータへと変換します。後にプロッタによるカッティングでマスキングパターンを作成する為ですね。こうした画像処理やデータ化の作業は本来私の専門ですから、イラストレーターファイルにしてからお渡しすればよかったのですが、なにぶん作業の段取りを理解していなかったのとホイールそのものが私の元にありませんでしたので、今回はデータ起しの作業までもやって頂きました。お手数お掛けいたします...。

さて、これだけでも通常の塗装と比べたらかなり手間暇が掛かるわけですが、今回はこれらの小物パーツが全てメッキ処理されており、しかも文字の表面に凹凸があるという点がネックだったようです。通常ですとメッキパーツに上塗りで塗装を施しても簡単に剥がれ落ちてしまいますから、そこは素人が立ち入れない領域。専門家の腕と知識と経験がものを言うようです。特にセンターキャップの土台部分はプラスチックパーツのはずですから、サンドブラスト加工でメッキを落とすわけにもいかないでしょうし、いったいどういうテクニックが使われるのでしょう。ちょっと気になります。真っ白に塗られたプライマーで本塗り前の下地処理が行われたところです。

プロッタによってカットされたマスキングシートのベースを、ピンセットで丁寧に処理して頂いています。必要な部分と不要な部分を上手く分離していくのでしょうね。そしてセンターキャップの中心となる丸いキャップ部分を、下地処理 → プライマー塗装 → ベース色(チャコールブラック)と塗り重ね、マスキングシートを貼り付け、赤のリング部分を塗り、今度はリング部分をマスキングして文字部分をシルバーで塗る...。言葉で言ってしまえばこういう事なのでしょうが、実際はそれぞれの工程の間に乾燥時間が必要ですし完全乾燥する前にマスキングを貼り替え次の色を塗り重ねると思われますから、塗りの厚さとかタイミングとか、計り知れない苦労がある事と思います。途中で失敗したらもう一度ベースからやり直しでしょうから...。それにしてもこの赤いリングのセンター出しとかどうやっているのでしょう?一番外側の丸いマスキングを貼り付けるのなんて至難の業だと思います。

やがて全ての塗装を終えたらマスキングを剥がし、最後にクリアーを塗って仕上げて頂いております。今回のオーダーは全てハーフグロス(半艶仕上げ)ですから、これらのクリアーが乾燥すればもう少ししっとりとした艶に変わるのだと思われます。

今回の作業、早くも数週間に渡り継続頂いておりますが、作業の合間にこうして写真にまで収めて頂き大変お手数お掛けしております。引き続きよろしくお願い致します。

画像提供: プロフィットさん

今日もトレンクルに跨がって

Posted on 2011/02/27

ユニチャーム超立体マスクとコンタック600のコンビネーションは私にとって最強の花粉対策のつもりなのに、今日の東京ではそれさえも無力と感じるくらい沢山の花粉が舞っていたのかも知れません。

それなら家でじっとしていれば良いのに...と思われるかもしれませんが、せっかくの春めいた日曜日ですからトレンクルで出かけないほうがおかしいくらい。幾度となく強烈なくしゃみを繰り返しながら25km程走ってきました。ちょうど今日は東京マラソンの日でもありますから花粉への反応は皆同じような経験をしたのでしょうね。

特別先を急いでいたわけでも無いのにトレンクルの速度でも早過ぎるくらい街の動きは穏やかで、やっぱりカメラを持ったら歩くスピードが良いなぁなんて事を感じる出来事が何度かありました。久しぶりにカメラを持って、横浜とか銀座とか、どうせなら行った事の無い街とか歩いてみたいです。

LEDにしたくない場所

Posted on 2011/02/26

これはMINIに限った事ではありませんが、スモールランプを点けヘッドライトが必要とされるまでのごく短い夕暮れ時が、車が一番かっこよく見える時間。私はそう感じます。

夕焼けのアンバーとグラデーションで繋がる高い空、少しせわしなく動き始めた街中には信号機の赤がやけに栄えて、帰宅の足を焦らせる、交通事故が一番多い時間帯とは言われるけれど、それなら一旦外へ出てほわっと光るMINIのスモールランプを眺めるのも良いです。LEDやHIDに慣れた私達の目に懐かしささえ感じさせる、少し温かな演出がきっとあると思います。

冬眠から目覚める時

Posted on 2011/02/25

良い天気でした。東京では春一番が吹いたそうですが言うほど強い風でも無かったです。気温は確かに春そのものでしたね。MINIに乗るなら道の塩カルが薄れるこれからのシーズンは最高だと思いますが、毎年の事ながら、それはトレンクルとの天秤が大きく揺れ動く季節でもあり悩ましい限りです。

いつもの事ながら

Posted on 2011/02/24

噂というのは何処から流れ始めるのか知りませんが、世間がザワザワし始めると確かにその1週間後位には ”新しいもの” が発売になりますね。Mac Bookシリーズ。先ほど世界的オフィシャルに発表されました。

私のMac Book ProにはSSDが実装されていますから日常的な使い方であれば何ら不満の無い超快適仕様。贅沢を言えば画面解像度にフルHD以上が欲しくなったり、マルチコアで i7あたりの頭脳があれば動画もそこそこストレス無く使えるのでしょうが、静止画のRAW現像程度なら待ち時間はゼロに等しいです。

さて今回発表された新型Mac Bookシリーズには衝撃のインターフェース ”THUNDERBOLT” が実装されました。なんだかアニメちっくな名前ではありますが、何とUSB 3.0の2倍の転送速度と言われる10Gbpsを実現した超高速インターフェースです。世間はそろそろUSB 3.0が流通し始める頃か...なんて言われているところ、Appleはそれを遥かに凌ぐ規格をIntelと共同で進めていたのですね。しかもこのポートはディスプレイポートにもHDMIポートにも化けるというのですから至れり尽くせりです。

このポートを使用して外付けRAIDにアクセスをすれば、高速化されたCPU/GPUと相まって非圧縮HD画像編集なども平気でこなせそうです。今後1年くらいの間にTHUNDERBOLTに対応したサードパーティー製品がどのようにリリースされてくるか目が離せませんね。

新宿は庭みたいなものですが

Posted on 2011/02/23

日本人は並ぶのが好き...とか聞いた事がありますが、ここのドーナツは未だに沢山の人が並びますね。一時期のように、店から離れた線路上に掛かる橋の上まで伸びる程ではありませんが、それでもいつになったら順番がまわってくるのか分からないような状況に、私はまだ噂のドーナツを食べた事はありません。もう流行から3年位は経っていますよね。

私の経験上、飲食関係で行列が出来るお店というのは、確かに美味しいとは思いますが、始めに行列を見てしまっているだけに期待感が高まり過ぎて、想像していたほどでは無かった...というケースが少なくありません。何事も人が ”美” と感じる時はその場の感情や雰囲気に左右され易いですから、”美味しさ” に至っては空腹という刺激が伴う分、分かりやすいのでしょうね。

きっとこうした食べ物は自分で買うよりも、不意に誰かが届けてくれたりするのが一番美味しく食べられそうな?いつもそんな事を考えながらお店の前を素通りするのですが、ドーナツばかりは作り立てが一番でしょうから手土産に持って行くにも躊躇してしまうのです。

近頃お手入れ不足のトレンクルをそろそろ

Posted on 2011/02/22

名古屋で仕事をしていたら、DAHONとBRUNOが仲良く駐輪されているのを見かけました。どちらも今風のミニベロといった感じで、街中をオシャレに乗るなら正直トレンクルより満足度は高そうな気がします。無機質なトレンクルと比べるとポップなカラーリングと若者受けしそうなスタイリングが絶妙と言いますか...。ただ、以前Cycle ModeでDAHONには試乗した事があるのですが、サドルからハンドルまでの距離がアメリカンサイズで小柄な私の腕のリーチではちょっと体勢に無理があって残念な思いをした記憶があります。一方のBRUNOはどうでしょう?いつか乗ってみたい自転車ですが。

近頃街中でBRUNOを見かける機会が随分増えた気がします。先日も近所にあるサイクルベースあさひに買い物に行った際、エメラルドグリーンのカラフルなBRUNOが止まっていて、どんな人が乗っているのかと思ったら、私のトレンクルにいくつか質問をしてきた気さくなおじいちゃんの愛車でちょっと驚いた事がありました。ポップカラーを乗りこなすおじいちゃんが凄くかっこよかったです。

自転車とか、カメラとか、車とか、何台あっても良いんですよねぇ。保管さえ出来ればですが。

深夜、机に向かう

Posted on 2011/02/21

昼間東京で仕事をこなしたらその足で名古屋へ移動しました。

ホテルでの生活は、狭い我が家より快適と感じることも多く、何よりベッドメイキングが毎日行われる事の心地良さは、生活の基本を考えさせられます。逆に我が家より少々不便と感じるのは、多くのホテルのネット環境はテーブル付近にイーサネットの口が出ていて、ベッドでゴロゴロしながらインターネットが出来ないこと。

一時期ビジネスホテルなどではワイヤレスLAN環境が増えた感じもしましたが、近年はもっぱら有線による接続が多い気がします。ホテル側の設備投資など考えてもワイヤレスのほうが有利だと思うのですが、不正なアクセスに対するセキュリティの問題や、ホテル側でのネット接続の統計を取る都合上、有線のほうがやり易いということなのでしょうか?

結局出先でPCを起動してもネットで調べ物ばかりする私には、iPadの3Gモデルなんぞ最適なのではないか?最近そんなことを考えます。

5年間の夢を買う?

Posted on 2011/02/20

拍子抜けするほどスムーズに手続きが進んだのは、最終受付16:00ギリギリに試験場に入ったのが良かったようです。運転免許の更新は5年ぶりの事。駐車場の空きを待つ事も無く、受付からビデオ講習まで約10分。手元に新しい免許証が渡されるまで1時間弱というのは過去最速でした。

私は普通自動車と自動二輪の免許を持っておりますが、そのうち普通自動車の枠は法の改正により中型に変更されたとの事。運転出来る車の上限が普通自動車免許が5tのところ中型免許は8tという事らしいですが、小さな車が好きな私には関係の無さそうな設定ですね。

これまで何度か更新手続きをした事がありますが、今回初めて経験したのは8桁のパスワード設定。何やら最近手渡される免許証にはICチップが埋め込まれているそうで、それへのアクセスを制限する仕組みらしいです。さてそれっていつ使うのやら...。

運転免許証で一番重要なのは、そう ”顔写真”。あの写真で十中八九の人が ”犯罪者” に化けるわけですが、私だってそれは例外なく...。でも今回はそれなりに ”普通の人” っぽく写りました。これでこの先5年間は優しい人生が送れそうな気がします。

さて、今回の講習の中で自転車運転に関する注意事項にも少しだけ触れられていました。これまた法の改正によりいくつかの行為について厳しく罰せられるようになったようです。1つは片手運転。雨の日に傘を差しながら運転したり、携帯電話を片手に運転する事の禁止、もう1つはヘッドホンで音楽を聴きながら運転する行為。確かにどちらも納得出来る危険行為ですね。私も学生の頃は毎日自転車で登校していましたから、雨の日は傘を差しながらの運転でしたが、砂利道で滑って田んぼに落ち、帰宅後に耳の穴から稲穂の米が出てきた事がありました。それはそれで後になれば笑い話ですが、都会では即命に関わるのかも知れませんね。

東京は歩く街

Posted on 2011/02/19

その時計が少しかっこよく見えたので近づいてみれば、隣でハッセルブラッドを持つハンサムな男性がだんだん引き立ってきて、かと思えばそんな事に気を取られているのは私だけだと、周りは無関心のまま素通りしている様がまた東京らしくて。

私が撮った写真なのに、なんだかそんな私が撮られているような写真。