月別アーカイブ: 2014年3月

仕組みをよく理解する

Posted on 2014/03/31

昨日YouTubeにアップロードされた動画を見て、振動を発するはずのモーターによって宙を舞うマルチコプターからの映像にしてはやけに安定感がある...そう感じた方も少なくないはず。

DJI Phantom 2に搭載したH3-2Dジンバルとは一体どんなものなのか?

今日はその仕組みを動画にてご紹介。いえ、YouTubeへのアップロードを覚えたからって得意になっているわけではございません。むしろ高画質でアップロードするテクニックが全然掴めず、オンラインで見る動画の低画質に閉口している次第でありまして。しかしながらこのジンバルの仕組みと働きに関しては言葉や写真よりも動画でなければ伝え辛いところがあるのです。

部屋の中で撮影しているものですから一般の蛍光灯しかなくフリッカーが発生しているのはご容赦くださいませ。また、音楽に合わせるように機体の巨大LEDが赤や黄色に光っておりますが、これも演出ではなく飛行中に色と点滅間隔で機体の状況を操縦者に知らせるサインなのです。部屋の中なのでGPSが受信出来ず警告の色というわけですね。お気になさらずに...。

どうでしょう、ジンバルを始めて見る方はその凄さに驚くと思います。機体がどんなに傾いてもカメラは常に水平が保たれます。左右でも上下でも。恐らく内蔵されるジャイロが水平が狂ったと感知すると2軸のブラシレスモーターを巧みにコントロールしてリアルタイムに補正を掛けています。このおかげで風に煽られて機体がグラッとなっても安定した映像が撮れるというわけですね。実は私がこの機体を注文した翌日にはこれにプラスして回転軸の補正も加えたH3-3Dジンバルなるものが発表されまして、正直少し落ち込んでいます...。私にはこれでも十分な性能なのですけれどね。

揺れではなく細かな振動に関してはモーター制御で解決出来る周波数ではありませんから、ゴムのフローティングマウントが吸収します。機体とジンバルの間に挟まっているグレーの銀杏みたいなものがそれですね。季節によってゴムの硬さが換えられるよう、セットにはソフト(ホワイト)、ミディアム(グレー)、ハード(ブラック)の3種類が同梱されています。今の時期はミディアムだろうと判断してグレーを使っています。

そしてこのジンバルのもう一つの機能が、動画からも分かるとおりカメラのチルト制御です。飛行中に正面を向けたり真下を向けたりできます。ただ、正面に関して言えばホバリング中はそれで良いのですが、前進させる場合は機体が前傾姿勢になるにもかかわらずジンバルは常に水平を保とうとするため、結果的にカメラは地面に対して水平でも機体に対し上向きになりますからローターやプロペラガードなどが見切れて ”スーパーマンが腕を伸ばしたような映像” になってしまいます。

こればっかりは構造上仕方のないことですから、見切れるのを嫌うならカメラを斜め下方向に向くようコントロールすればよいわけですが、いかんせんプロポの操作レバーは30度程の角度でしか操作できず、それでいてジンバルを90度チルト制御しないといけませんから、操作がシビアすぎて飛行中に思うような角度で止めるのは至難の業です。

パソコンソフトからキャリブレーションで何とかしようと挑戦しましたが思うような結果は得られず...。これに関しては今後の課題ですね。それから昨日の動画や今日のジンバルを眺めてみて気付いたのですが、カメラが機体に対して若干右下がりに着いているような...。これは取り付けをどんなに工夫してもジンバルは常にこの角度を保持しようとするため、水平のキャリブレートを行わないとダメでしょうね。しかしそんなパラメーターはソフトの中で見かけなかったのです。写真の場合は撮影後の補正も楽々ですが動画の場合は仕上がりの画質に影響が出やすいですからなるべく撮影段階でしっかり水平は出しておきたいもの...。さて何か方法はないでしょうか。

課題はありますがまずは成功

Posted on 2014/03/30

さあ、そんなわけで初めての空撮、軽く編集してYoutubeにアップしてみました。肝心のGoProがオートホワイトバランスに設定されていたり、RX1のフォーカスが外れていたり、地面に設置したアオリ撮影用のアクションカムは太陽の熱でレンズが曇って途中から霧の中のように映っていたり...と失敗続出ですが、雰囲気くらいは味わえるかと。Youtubeなのでかなり画質が低下していますしカクカクして見えるのが残念です...。元素材はもっと奇麗です。私自身も映っていますからちょっと恥ずかしいですね。これまでほぼ謎の人で通してきていますので...。

分かってはいた事ですが、GoProを水平方向に向けて撮影をすると機体本体のアームやローターが見切れます。今回はそこにプロペラガードも着けていますからダイナミックに入り込んできます。スーパーマンの腕だと思えば気になりませんかね。カメラのアングルをどれくらい下に傾ければ奇麗な構図で撮れるのかその辺りのデータ収集も今回は兼ねている感じですね。専用ソフトでリミッターが当てられれば良いのだけれど...。

しかしジンバル(振動吸収装置)の威力は絶大ですね。ブレも殆どありませんし揺れもありません。見切れているプロペラガードが右に左に揺れるのに画像が安定しているのはジンバルがジャイロで揺れを検出して常にカメラが水平を保つよう補正してくれているからです。途中逆光になった時に画面下がノイズっぽくなるのは恐らく振動とシャッター速度が絶妙な周波数で干渉するからと思われ、これもジンバルの振動吸収ゴムの硬さを調整する事で解決出来るのではないかと考えています。

今回はリチウムポリマーバッテリーの初使用ということでわりと短めの15分くらいのフライト。公称は25分ですがカメラを積んでいますからせいぜい20分くらいと考えておくのが良いかもしれませんね。

飛ばしている時はあまり気付かなかったのですが、飛行を終えて着陸させたら、どこからともなくおじさん達が駆け寄ってきて7,8人の方から質問攻めに遭いました。どうやら皆飛行機好きの方々のようで自慢の写真を見せてくれたり、飛行機クラブの話をしてくれたり...。中には正にこうした空撮をお仕事でやっている方(教える立場とおっしゃっていました)が通りかかって、「相当慣れてるね〜プロ並の腕前だよ、今度うちで人が足りない時手伝ってくれない? 携帯番号教えておくからさ」と冗談とも本気とも取れるお言葉を頂いたり...。その方はもっと巨大なヘリで本格的に撮影をしているようでした。私のはハイテクに助けられて上手く飛んでいるように見えているだけです...。長野の実家にいた頃やっていた飛行機の操作感などもう忘れておりますし。

何はともあれ失敗も多かったですが初飛行にしてはまずまずに飛ばせましたし、事故や故障もなく無事に帰還出来た事が良かったです。本音を言えばギリギリ桜シーズンに間に合いましたから、今年の花見は上空からと考えていたのですが、さすがに花見客が大勢いる上を飛ばすのは危ないですからね。何事も過信は禁物です。

しかし、高遠の桜、上から見たら奇麗でしょうね...。遠い目。

カメラより先に舞い上がったのは気持ちの方だった

Posted on 2014/03/29

diary5169 diary5170

仕事に行くより早起きしてまずは風速の確認...よし行ける! いよいよこの日がやってきました。と言っても機体到着から1週間も経っていませんけれど...。DJI Phantom 2 with GoProの初飛行です。

近所にある大きめの公園までは、必要なツールを入れたリュックに機体本体を ”紐で” 結びつけてトレンクルで移動。端から見ると「キャンプ用の折畳み椅子を運んでいるようにしか見えない...」とはここで知りあった見知らぬおじさんの言葉。

このモデルを飛ばすにはいくつかの注意事項がありまして、「電源は必ず離陸させる場所で入れる事」、「電源投入後はGPSが測位を完了するまで飛ばさない事」、「飛ばす前に電子コンパスのキャリブレーションを行う事」。最低これくらいを守っておけば機体をロストする可能性はかなり低く抑えられるようです。いずれも自動制御で帰還させなければいけなくなった時に重要な要素なのです。

さて、そのうちの一つ「キャリブレーション」では少々てこずったものの(プロポのスイッチの位置を間違えキャリブレーションが出来ないと勘違いした)準備万端、上の写真ではプロペラが裸ですが、実際の飛行は安全を考慮してプロペラガードを装着しました。

いざ離陸! あまり遠くに飛ばさないうちに全ての機能が正常に動くかどうかを最初にチェック、何はなくともGo Home機能(自動帰還)でホームポジションに戻ってくる事を確認してから本格的な飛行に入ります。が、勿論全ての機能はちゃんと動作するのですが、ちゃんと動作しすぎてあまりに簡単に飛ばせてしまいます。手を離せばホバリングしてくれますし、スロットルを上げれば上昇、下げれば下降、いや当たり前といえば当たり前ですが、普通はそこに細々とした補正操作が必要なはずでして...。今日は操縦や機体の癖に慣れるくらいのつもりであくまでテスト飛行なのですが、調子に乗ってついつい高度を上げてしまいます。

この機体は、飛ばす事は何ら難しくありませんから、ひたすら空撮のためのテクニック習得に専念する方向性ですね。飛ばすだけでも相当楽しいですけれど...。

肝心の動画は明日のブログで公開予定。

LEDの色とか点滅速度とか、全然覚えられませんけど

Posted on 2014/03/28

diary5168

私の頭の中ではまだ色々整理出来ていない事が多すぎて ”初飛行” を考えるにはあまりに早すぎる気がするのですが、買ってきて30分もあれば初心者でも飛ばせる!くらいのうたい文句がこの機体の特徴でもありますし、週末は日曜日が雨で土曜日は午前中なら風も弱いという予報ですから、テスト飛行くらいなら出来るかもしれないという期待を胸に最終調整です。

ラジコンヘリコプターと言っても、この4枚ペラのマルチコプターは ”ラジコン” とは名ばかりで ”空飛ぶロボット” みたいなものですから調整パラメーターも独特です。GPSやら電子コンパスやらジャイロやら加速度センサーやら、もうセンサーと呼べるものを全部載せにして、人が飛ばすより自動制御の方が上手く飛ぶ...そんな機体なのです。空中で操作が出来ない(電波障害や操作パニック)状態になったら送信機の電源を切ればGPSで場所を判断して飛び立った場所に勝手に帰還、着陸してくれるという未来のオモチャ...。

本当のラジコンヘリはホバリングさせるために何年も練習をしたりして一人前に飛ばせるようになるのは凄く大変なんですけどね。いえ、私の実家は昔から根っからのラジコン家族でして家の中は壁から天井から飛行機やヘリコプターだらけ、父親や兄は人の背丈ほどもある大きなヘリコプターを飛ばしておりますのでその大変さはなんとなくわかっております。まあ世の中の技術がこうまで進むと何が ”本当のラジコン?” という話になってきちゃいますけれども。

という事でして、今日は機体をパソコンに繋ぎ、分かるような分からないようなパラメーターを触ってみるのです。

急ぐ理由もありませんから

Posted on 2014/03/27

diary5167

もう殆ど答え合せですね。と言いつつ未だに全貌を明らかにしない...自身の性格の悪さを再認識しております。

本当は30分もあればここまでの半完成状態までもってこられたのですが、私にしては珍しく説明書やメーカーWEBサイトなどをゆっくり見て2日間掛けて組み上げました。組み上げるといっても締めたネジは10本にも満たないですしもともと半完成状態、しかし今どきのテクノロジーが詰め込まれているため所々で ”ならでは” の儀式もあったりするわけで、全体像を把握してからの取っ掛かりとなりました。

さてなんとなく形になりましたからあとは各種セッティング...ですか。

こんな具合に組み上げていきます

Posted on 2014/03/26

diary5165 diary5166

さてさて、昨日はGoProも買ったままの素の状態でしたが、今日はいよいよ組み合わせる機器が追加で届きまして、カメラ周りを借り組みしてみました。こういう構造のため今回はGoProじゃないとダメだったというわけです。

勘の良い方にはこの時点でネタバレかもしれませんね。まだ配線をしていませんが、モノとしては写真の銀色の丸いツマミのような部分がブラシレスモーターになっておりましてカメラを駆動する仕組みです。そう、今回はこの ”装置” こそが、主役にはなれないまでも主役に匹敵する名脇役なのです。正式な名前がありますけれどもそれを出してしまうと完全にネタバレになってしまいますからもう少し先のお楽しみという事で...。

消費税にかこつけるには随分本格的になってきたような...。

小さなカメラには夢がある

Posted on 2014/03/25

diary5164

もうすぐ消費税が上がる...週末はどこのお店も買い物客で大賑わい。そんなニュースを見ていたら自分も何か買っておかないと! そんな衝動に駆られたのは私だけではないはずです。

ティッシュやトイレットペーパーくらいなら良いのですが、私の事ですからいつもの事ながら大人買いです。そう、消費税というのは高額なものを買うほど効いてくるわけですから、こんな時は大きく出るのです! 半ば強引に、殆どそれを口実にして...。

映像関係の仕事をしている人に関わらず今や一般の方々にも広く浸透したウェアラブルカメラ、その中でも一番の老舗とも言えるGoPro。バラエティ番組などでお笑い芸人がヘルメットに付けているアレですね。マッチ箱くらいの大きさでありながら当初からこのカメラはそこそこ高画質で有名で、現行モデルでは4K解像度まで対応しましたから大したものです。実際は4Kですと15F/Sですから現実的ではないんですが。

購入時に充電されている僅かなバッテリー残量でちょっと室内を撮ってみました。1080/60Pですと想像通りの画質、しかし2.7K/30Pで撮影すると暗くても意外と奇麗に撮れます。これは昼間なら確かに結構使い物になるかも...。今日はテストなのではいここまで!

実はこのてのカメラなら昨年知人よりSONY製のアクションカムをお借りしているので、ビデオカメラとしてはそれで事足りるのですが、今回はこちらのカメラの形状でないといけない理由がありましてわざわざ新調しました。

ということは、今回はこれがメインじゃない! 本体は後日到着予定です! 請うご期待。

仕事は動画、趣味は静止画とかねてから決めていたのですが、ついに私も公私混同になってきました。

美しい星に住んでいる

Posted on 2014/03/24

diary5163

確かに生命は水と光から誕生したんだ...と、そんな事を感じた瞬間。噴水は人口的なものだとしても、水も、太陽の光も、そこに働く重力さえも、全ては地球上のどこにいても平等なはず。

遥か遠いどこかの国に滝の一つもあれば、同じような事を感じる人がいても何ら不思議ではない...。

春ですから公園にでも、皆そんなふうに集まってくる

Posted on 2014/03/23

diary5161

こっちのベンチもあっちのベンチも誰もいないのに、ここだけに2人で座っている、それがいい。

昨日が寝不足の1日でしたから早起きは出来ませんでしたが、立川にある昭和記念公園まで久しぶりにトレンクルでポタリング。ネットで調べたところ昭和記念公園にはサイクリングコースがあり結構快適に走れるとの事。今回はそれ目的で我が家から片道約20kmの道のりを走りました。

昭和記念公園は東京で一番大きな公園として有名、その広さは東京ドーム38個分なんだとか。そんなふうに例えられてもピンと来ませんね。メロンパン38個ならなんとなく想像出来るのですが。

自転車の有無に関わらず入園料400円を取るだけあり園内は整備が行き届いていて奇麗です。自転車用コースは歩行やジョギングは許されておらず、しかも全コースが一方通行ですからとにかく快適に走れます。気にしていませんでしたが路面もそこそこ奇麗でした。帰宅してからお尻が痛くなかった...という結果論です。

3連休最終日にあたる日曜日ですから相当数の来園者がいるのでしょうけれど、あまりに広いので開放的。やっぱり家族連れが多いのは間違いないですね。アミューズメントパークに行くより安いですし、春ですし...。思い思いに集まってきた人達の色んな表情が見れて面白かったです。泣いている子供とかもいなかったですね。

そして驚くべき走行距離は13kmオーバー。これは園内サイクリングコースだけの距離です。公園の中だけで13kmってビックリです。メロンパンを例えに出したのが恥ずかしい...。そして自宅への往復距離も含めた総走行距離は52kmでした。昔ならトレンクルでこれだけ走ると足がガクガクしましたが、私もいつの間にか鍛えられたようでなんともありませんでした。さあ次はどこへいきましょうか...。

今回は体力的に随分余裕があったので園内のコースを走りながら写真も撮っておりました。と言っても、カメラを構えての走行は危ないですから、こういうのは丁度良い高さになるようネックストラップを調節しておき、電源を入れっぱなしのカメラを首からぶら下げてここぞと思うタイミングで右手だけ伸ばしてシャッターを切ります。勿論、ノーファインダー撮影になりますけれど...。これからこのての撮影はアクションカムですかね。

diary5162

まだ残る冬の波を見に...3連休の中日

Posted on 2014/03/22

diary5159

3連休ですから何かしないと...と思いつつ、初日は髪を切ったりレンタルCDを返却したりと細々した用事が多く 普段通りの週末になりましたが、残り2日あると考えればせめてその時間くらい有意義に使いたいというもの...。

午前3時起床にて伊豆までドライブに出掛けました。目的地は温泉と決めていたものの時間にはゆとりがありましたから日の出直後の海辺を歩いてみました。酒匂川が海へと開放されるこの場所は、伊豆や箱根に行く際私が必ず立ち寄る休憩場所。昔は車で砂浜まで行けましたが、あまりに ”埋もれる車” が多いためか近年は簡単なバリケードが出来ています。それでも4WDをお持ちの方はそのまま入っていっている痕跡が沢山残っていますけどね。進入禁止区域というわけではないようです。いずれにしてもMINIでは太刀打ち出来ませんからいつも安全な場所に停めています。

暖かくなってきたとはいえまだまだ海は冷たいはず...。魚を釣るのも楽ではなさそうです。

その後も時間が時間だけに渋滞知らずで目的地へ到着。何度も訪れた事のある「赤沢日帰り温泉館」。ごった返している仕事が一段落した時や、つまらない事で悩んだ時などによく訪れる場所です。東京からだと少し遠いのと、日帰り温泉にしては割高ではありますが、海を見ながら温泉に入りたい...そんな願いが簡単に適う場所です。とにかく絶景のお風呂ですね。さすがにその感動を伝えようとお風呂の中で写真を撮るわけにもいきませんので是非オフィシャルWEBサイトをご覧頂ければと。せめて外観ですか? いえ、外観はいたって普通でして...。

朝早かったため夕方には東京に戻りました。せっかくの温泉ならたまには泊まりで行きたいですね。

diary5160