月別アーカイブ: 2014年5月

短かった10分間

Posted on 2014/05/31

diary5252

行ってきました国立競技場サヨナライベント。微熱がありながら体に鞭打って...。と言っても競技場内に入る事なく空を眺めていただけですけれど。

ブルーインパルスが東京の空を飛ぶ! それを一目見ようと集まった人であふれ返った絵画館前。皆考える事は同じですね。私の計算では国立競技場の真上を通過する場合、写真に撮って見栄えがするのは西日を正面に構えるこの場所、フレーム内に太陽が上手く入り込む形で編隊飛行のシルエット...。

その時を待ちました。オフィシャルには17:35〜17:45の10分間がブルーインパルスのセレモニーとありましたから、スタンバイしたのは20分前くらい。その時点で既に特等席は大きなカメラを担いだやる気に満ちたハイアマチュアの人達で埋まっておりました。でも私は飛行機を奇麗に撮りたいわけではなくて、東京の空を飛ぶ飛行機を眺める人々も含めた画が撮りたいのでそれで良いのです。なんならもっと沢山の人が集まってきて欲しいくらい。

そして予告通り17:35ピッタリに突然現れました。さすが自衛隊、時間には正確です!

ただ拍子抜けしてしまうくらい静かな飛行、車に例えたらサーキットを一般車が走っているくらいサイレント! ジェット機はあの切り裂かれるような大爆音が良いのですけれどさすがに東京の空ではクレームになるのでしょうか、それとも最近のブルーインパルスはこんなに静かなのでしょうか。過去に見たブルーインパルスはT-2という機体で今とは機種が違っていますから当然ですか。

音と同じくらい拍子抜けしたのは、飛行ルートが国立競技場の上ではなく外苑東通りの上辺りだった事。逆光を狙ったはずがこの位置でも順光になってしまい普通の写真になってしまいました...。それでも何度か通過するうちに多少はルートを変えてくるだろうと期待してみたところ、ここもさすがは自衛隊、4回程の通過はピッタリ同じ位置! まあ写真は平凡になってしまいましたがその場の雰囲気が味わえたので良しとしましょう。最初に現れた時の周囲のざわめきときたら凄かったです。おばちゃんとか大騒ぎで「やった写ってた写ってた、煙だけだけど...」とか「凄いねぇ、あっという間に行っちゃったねぇ」とか、そのはしゃぎ方ときたら皆子供のようでした。

ここが東京のど真ん中のため安全を考慮してという事だと思いますが、アクロバット飛行は一切なく、編隊の組み方を変えて何度か通過しただけでしたが、最後は会場全体から拍手が起きていました。やっぱりこういうイベントって良いですね。発煙飛行の煙がカラーではなかったのは、国立競技場のお別れを意識しての事でしょうか。

私はそこからお家へとんぼ帰り。微熱と真夏の陽気でフラフラで、帰宅するなりダウンです。

diary5253

diary5254

最近は早起きして生活リズムは安定しているのだけれど

Posted on 2014/05/30

風邪をひいたようです...。月曜日あたりから体調が優れなかったのですが数日経っても熱は上がらずただ体がだるく喉が痛く咳が出て、鼻水が止らない! この鼻水だけが最高に辛いです。スギ花粉シーズンを上回る流量です。

まあそれだけなんですけどね。鼻水が出るだけでも体力を奪われますからゆっくり休みたいですね。休養するのに丁度良い週末になりそうです。今朝は体調不良で魘されたのか夢の途中で目が覚めました。札束の山に囲まれた夢でした! 宝くじでも買ったほうが良いでしょうか...。

ところで今日は東京上空をブルーインパルスが飛んでいたらしいです。調べてみたら明日が本番のようで、国立競技場の最後を彩るようです。会場までは行けなくてもちょっと見てみたいですね。昔はよく航空祭に行ってブルーインパルスの発煙飛行を見たものですが、ここ十数年はご無沙汰です。

体調回復すれば良いのですが...。

新製品に振り回されなくなったのは気のせいではない

Posted on 2014/05/29

巷ではぼちぼち次期iPhoneの話題が出始めていますね。例年ですと秋にモデルチェンジですから今年もあと数ヶ月で搭乗という事になるのでしょうか。

私が知る限りではこれまで、3G → 3GS → 4 → 4S → 5 → 5S という具合で数字が繰り上がる時がフルモデルチェンジ、アルファベットが追加される時がマイナーチェンジでしたから、次の登場は順番的に6という事になりフルモデルチェンジの可能性が高いです。噂では画面が少し大きくなるのだとか。確かに今どきのAndroid端末は皆ど迫力の大型液晶を搭載していますからiPhoneのそれは少し見劣りしますし、実際YouTubeなどの動画を見るような時はこじんまりしていて少々物足りなさを感じるのも事実です。

ただどうでしょう、新しいもの好きな私ではありますが最近のAppleさんの新製品にあまり魅力を感じないというか、購買意欲をかき立てられないような気がしています。勿論古いものより新しいものの方が性能的には向上していたりするわけですが、MDプレーヤーからiPodに買い替えた時のような衝撃は感じられません。

いずれにしても私が購入するのはいつもアルファベットが変わるマイナーチェンジ版ですから今年は関係のない年ではありますけれど...。

公園でおもうこと

Posted on 2014/05/28

diary5251

来週仙台での予定が入っていますが、それとは別で今日も日帰り仙台。写真の1枚も撮れれば良かったですがとんぼ返りで新幹線も通路側では居眠りくらいしかする事無し...。

先日の井の頭公園、おばちゃん3人組(失礼、後ろ姿から想像)が仲良くベンチに座っている様がなかなか良かったです。スワンがいなかったらこんなほんわかした感じにはならなかったと思います。他に絵になるカップルなんて沢山いるけれど、おばちゃんの歳になっても一緒に公園にお散歩なんて良いじゃないですか。最近感じる事ですが、おばちゃんは昼間お散歩、おじさんは早朝散歩、この光景に良く出くわします。

あれ、最近私早起きが習慣になってきたけれども、そういう自覚が必要ということでしょうか...。

フライトには耳栓をお忘れなく

Posted on 2014/05/27

diary5249 diary5250

奥多摩で飛行させたDJI Phantom、早朝山奥でのフライトという事もありGoProカメラにNDフィルターは使用しませんでした。日向はともかく日陰は案外光量が少ないですからNDを使ってしまうとシャッタースピードが遅くなりすぎますからね(YouTubeのサムネイル用に2.7K素材から静止画を切り出すには逆にシャッタースピードを早めておきたいくらいなのです)。

そうすると懸念されるのがCMOSセンサーのローリングシャッター歪みでして、画面全体がコンニャクのようにグニャグニャ歪んでしまうわけでして...。ヘリにCMOSセンサーカメラを積むにあたり永遠の課題と言ったところでしょうか。

昨日アップした編集済みムービーの中では、よく見ると中盤に出てくる俯瞰の広いカットにわずかなローリングシャッター歪みが出てしまっていますが、他はそれほど気にならないレベルで撮影できました。

たまたま今回の撮影条件ではGoProのシャッタースピードが丁度良い範囲に収まったのかもしれませんが、私としては友人に教えてもらったローリングシャッター対策 ”耳栓マウント” の御利益と思いたいです。DJI製H3-2Dジンバルにはハード、ミディアム、ソフトの3種類のシリコン製マウントが付属しますが、数週間前の狭山湖撮影時はミディアムとソフトをテストしたところ酷いローリングシャッター歪みが発生しましたから、その経緯から今の季節は既にハードがベストな選択と思われ、それでも収まらない場合はスーパーハードが欲しくなるところ...。でもそんな製品は聞いたことがありませんのでジンバルのマウント部に市販の耳栓を挟み込みよりハードなセッティングにしてみたというわけです。

確かに耳栓って絶妙なダンピングファクターを持っていて、それでいて形状も適合させやすいですから、見た目はアレですけど、これで良い画が撮れるなら安上がりなアイテムという事になります。

今回はジンバル後方に蛍光イエローの2つの耳栓を装着してみましたが現象は収まりきらなかったですから、今後は前方にも2つ追加してテストしてみる事にします。しかし耳栓ってなんでどれもハデハデなんでしょうか...。

ちょっと気になっているのは巷で抜群の安定性と話題の新型ジンバルH3-3Dは、WEB上の写真を見る限り白いシリコンマウントを使っているものが多いです。白という事はソフトタイプなわけですが、もしかして新型はソフトダンパーでもローリングシャッター歪が発生しにくいんでしょうかね。その対策として謎の基盤も付属するようですがH3-2D用には使えないものなのでしょうか...。素直にH3-3Dを買いなさいという事ですか。

過去最高に難しいと感じた

Posted on 2014/05/26

予定通り本日公開しました。DJI Phantom in 奥多摩工業氷川鉱山曳索鉄道氷川線。少し不気味な無人のトロッコ橋。

前回の狭山湖とは対照的に下調べ無しのぶっつけ本番。今回最大の難しさはGPSが受信出来ない事。DJI Phantomは飛行中GPS信号を受信して位置の特定や機体の移動状況をフィードバックさせ自立安定性を保つのですが、今回は山奥深い地理的条件から天頂付近のGPS信号のみしか受信出来ず。PhantomはGPS信号を受信出来た事を示すグリーンLEDの点滅を確認してから離陸するのがセオリーですが、この場所ではいつまで待ってもイエローLEDのまま。それを承知で離陸させる怖さときたら...。

気をつけないといけないのは、上空を飛んでいる時はかろうじてGPS信号を受信して安定していますが、そのままの気持ちで橋の高さくらいまで高度を落としてくるとGPS信号をロストして急に風で流れるようになるのです。一般的なラジコンヘリ同様に常に当て舵を打っていないと機体は空中で止ってくれません。

更に本編ではあまり映っておらず気になりませんが、これだけ山奥なのに地上付近には電線が結構張り巡らされておりまして離陸はそれらに引っかからないように間を抜けていき、更に昨日の写真にもうっすら写っているように、橋の上空には高圧電線が通っていますから、飛行は地上の電線以上、上空の高圧電線以下、今回1stカットに使用した水面近くから上昇していくような飛行は生い茂る木々の隙間を縫うように飛ばさなくてはなりませんが、その高度はGPSが使えないというかなりの難易度。

映像本編にはわざと危なかったシーンもいくつか入れてみました。本当に危険だった時の映像は「こんなの危険だろう!」とクレームがつかないようカットさせていただきました。え、これ以上危なかったの? って感じですよね。

本当はトロッコが動いている姿を撮りたかったのですがきっと平日しか動いていないんでしょうね。橋の上で止ったままのトロッコも不思議な感じがしてまた良いですが。素材が少なめなのは承知の上、追撮の予定はありません! 次ここで飛ばしたら確実に墜落します。

動画は音が出ますのでお気をつけください。

少し不気味な橋が目的で

Posted on 2014/05/25

diary5246

diary5247

奥多摩へ行くならいつも愛車のハンドルを握って...昔からそうでした。信号の無いああいった山道は車好きなら目的もなく向かう場所です。だからこそ知らなかった奥多摩駅の直ぐ近くにこんな巨大な工場がある事を。電車で来た事が無かったですからね。例外なく車で訪れた今日はちょっと目的あっての事。

私もこの工場の存在を知ったのはほんの数日前の事。こういう時代ですから場所の確認はGoogle Mapで一発ですが、その歴史に関してはネット検索より近所の住人の方に聞いてみるのが一番と思い、早朝清掃中のおばちゃんに声を掛けてみました。

聞けば50年以上前からこの工場で石灰石の採掘が盛んに行われてきたのだとか。ただ時代とともに状況が変わってきて現在は正直住人の方にも何をやっているのかは分からないとの事。辺りにはブーンという不気味な音だけが鳴り響いています。周囲に民家が集中しているため少しホッとしますが、もしこの工場だけしかなかったらちょっと怖い感じがします。

さてここからが本題、採掘というのは原油と違って同じ場所を掘り続けるわけではありませんから、どこか遠くで掘った原石をこの工場まで運んでいるわけです。これだけ大きな工場で処理するだけの大量の原石を50年以上前にダンプカーで運んでいたはずもなく...。そこで出てくるのがトロッコです。Google Mapで見ると一目瞭然、この工場から更に山奥の日原という場所にある採掘場まで約6km、無人のトロッコ専用線路があるのです。その殆どがトンネルの中を通っているようですが一部は地上高くに掛かる橋の上を走行しています。20〜30メートル間隔でワイヤー連結された無数のトロッコがスキー場のリフトのごとく循環しているようです。

そう、今回はそれこそがDJI Phantomによる空撮のターゲット。見てみたいわけですその橋の上のトロッコの様子を!

今日も朝早く起きました。昼間はハイキング客なども来そうですからバスの運行が始まる前の時間が狙い目。都内より体感で5度以上も気温が低く感じられ半袖で行ったのは失敗でしたが、なんとか飛ばす事が出来ました。工場の上空も気になるところですが流石に人様の敷地を飛ばすわけにはいきませんので今回は橋のみです。

と言う事でして、本日撮影素材を編集中。明日公開予定です。

diary5248

緑一色の週末

Posted on 2014/05/24

diary5245

ここのところ多摩川でラジコンヘリの飛行練習をした後は必ずここに立ち寄ります。調布飛行場は多摩川と我が家との間に位置するため休憩するには丁度良いポイントなのです。公園でゴロンするには今が最適ですね。と言っても今日は既に大分暑かったですけれど...。

他の公園と違ってここは定期的に飛行機が飛んできてそのビートが心地良い! 嫌いな人にとってはうるさいだけでしょうか。特に週末は遊覧飛行が多いのかセスナの離着陸が結構あります。同じ飛行機でもジャンボジェット機のような大型機ではなくこちらはレシプロエンジンの小型機ばかりですからいかにも ”飛行機が飛んできた!” という感じがして、気軽な飛行場です。

そろそろまたあの飛行機に乗って近場の島まで行きたいなぁと考えたり...。

時代は変わっても安全への配慮は変える事なく

Posted on 2014/05/23

diary5244

昨日イベント会場でFUTABAさんに頂いた製品カタログ。ラジコン業界は昔からこうしたカタログが一つの情報源だったりしたのを思い出しました。比較的しっかりした冊子になっていてこれだけ見ていればラジコンの最新エレキは把握出来ますね。

と言う事で広げてみてビックリ、私が知っている嘗てのラジコンとは大分変わっていて、扱う電波の周波数が27MHzや40MHzから2.4GHzに変わっているのは当然として、 S.BUSなる言葉が出てくるのは面白いですね。私にとってS.BUSと言えば放送機器で聞かれる言葉だったのですがラジコン装置の一部として使われている辺りに時代を感じます。

それから各サーボモーターがヘリラダー用とかグライダーウィング用等といった具合に用途別に設定されていることにも驚きました。昔はヘリ用とか飛行機用くらいの区別だったんですけどね。また、パソコンソフトからサーボの動作特性を変更出来るなんて機能も現代的な仕組み。マルチコプターにはこの辺り直接関係ない部分ではありますが知識の一つとして知っておくのは無駄ではなさそうです。

と、カタログばかり見ていると欲しい物が出てきてしまいますからこれくらいにして、実際の飛行ではそれ以上に大切とされるラジコン操縦士登録を済ませました。あってはならない万一の事故の際に備えた保険加入が主な目的ですね。20年以上前に実家でラジコンを楽しんでいた時は父親に強制的にこの保険に加入させられましたが、今思えば当然の義務でして。人に怪我でもさせたら大変ですからね。転ばぬ先の杖です。

世間は知らない事だらけ

Posted on 2014/05/22

diary5243

日が長くなりました。およそ一ヶ月後には夏至を迎えますから当然ですか。昼間が長いという事はそれだけ遊べる時間が増えるという事ですね。ちゃんと早起きをすればの話ですが...。

今日も色々な方とお話させていただきました。天文台の方に4Kによる天文動画撮影に関するノウハウをお聞きしたところ、1200mmの望遠レンズに1.5倍のテレコンバーターを付けて撮影すると言っていましたからどれだけ正確な赤道儀が必要なんだか...と考えさせられたり、会場内にはラジコン用プロポの老舗FUTABAさんも展示していたりして趣味の延長で世間話をさせていただいたり、なんだか映像の枠を超えたあらゆるジャンルの企業が集まっていますから普段とは違った刺激があって面白いです。

ただ、展示会にはある程度慣れているつもりだった私でしたが、今回は2日目にして足が棒のようになっていて明日の最終日が心配です。