月別アーカイブ: 2015年1月

東京駅はやっぱり美しい

Posted on 2015/01/31

diary5647

東京駅の開業100周年記念Suicaは結局希望者全員に販売する方向でインターネットおよび郵送にて受付を開始したそうです。 あの日何時間も並んで購入した人の気持ちを考えると少し気の毒な気もしますが、当初JRさんが東京駅でのみ販売することに意味があると考えた気持ちも分かるだけに少し複雑な気分です。

私も1枚購入してみようかと考えましたが、どうやらSuicaとしては使えても定期券としては使えないようですのでやめました。仮にそれが出来たとして記念Suicaにデカデカと定期の文字を印刷して使っていたら怒られますかね。限定ではないのならそういった使い方も許されそうな気がしたのですけれど...。

東京駅構内を歩いていたらエスカレーターの隙間から差し込む日の光がとても奇麗な事に気付きました。徐にカメラを取り出して写真を撮っていたら通行人におかしな目で見られましたが、こういうところに美しさを感じられるのがカメラを持ち歩く事の醍醐味ですからね。ポケットに入る幸せですよ。

diary5648

寒い一日でした

Posted on 2015/01/30

diary5646

5cmの積雪ともなればそれを東京では ”大雪” と呼ぶわけで、昨夜からTVニュースでは盛んに注意を呼びかけていたわけですが、実際は思ったほど降る事もなくお昼には雨、夕方にはすっかり止んでおりました。

先日の秋田と比べたらこの程度は大した寒さではないはずですが東京だと随分寒く感じますね。私は体調を崩しかけていたところなので本調子ではない事が原因かも知れませんが、いずれにしても長野(南部)の実家にいた頃に比べると随分ひ弱になったと感じます。高校生の頃なんて雪の中でも自転車に乗って5km先の学校まで通っていましたからね。電車なんて使った事がありませんでした。

あの頃は... そんなふうに昔を思い出し始めたらもう十分おじさんという事ですね。

現代に足りないのは存在感

Posted on 2015/01/29

diary5645

先日見かけたのは昔懐かしいジュークボックス。懐かしいと言っても私の世代ではこの年式のジュークボックスが動いているのを見た記憶がありません。唯一実家の近所にあったボーリング場でCD版のジュークボックスは実際に使われているのを見た事がありますが流石にレコード版は無いですね。

現代なら消しゴム程の小さなiPodシャッフルでさえこのジュークボックスより多くの曲を高音質で再生しますが、それではちょっと味気ないと言うか、こういう存在感にはならないんですよね。カメラで言う所のオールドレンズみたいなものでしょうか。

現代の製品に足りないのは性能ではなく存在感のような気がします。

気温差にも時代にもついていけず...

Posted on 2015/01/28

diary5644

案の定というか半分は想像通りの結果ですが、頭痛と寒気を伴いながら東京へ戻ってきました。昨日は暖かいと言われた秋田でしたが昨夜から結局吹雪でしたので、先週との気温差が20℃以上! そりゃ体調も崩します...。

トラブルに見舞われた昨日の仕事も今日は挽回出来て、個人的には達成感で終われた2日間。

夕方の飛行機で飛び立つ直前の写真。以前は離着陸時に電子機器の使用が禁止されていた機内も最近は電波を発しなければOKになったため、こういうタイミングでシャッターが切れるようになりました。残念ながら昨日も今日もiPhoneカメラです。

いよいよLumix CM1が3月に国内リリースされるようですが、購入するかどうか非常に悩んでおります。スマートフォンと捕らえてしまうと所詮2年程度しか使わないわけで、となるとその後も引き続きAndroidを使い続けるのか?と考えると微妙な訳でして。再びiPhoneに戻るとしたらメールアドレス変更等がちょいとややこしい事になりますよね。通信機能付きカメラと捕らえれば最高なのだけれど。そんな気持ちの隙間を狙っての事かPanasonicさんはCM1を限定2,000台で発売するらしいんですよね。上手い事考えるものですね。完全に消費者の心の弱さを読まれている気がします。

よーく考えると、デジタルカメラの性能をどこまでスマートフォンに求めるのか?という気もしてきます。何でもかんでも高画質を求める必要があるのか?と。スマートフォンなりの画質で残す事もまたその時代の記録としては意味があるのではないかとも。来週末開催のCP+でお披露目になるでしょうから実機を手に取って検討してみます。

寒いのは土地のせいだけでなく

Posted on 2015/01/27

diary5643

先週の南国とは打って変わって、今日から秋田に来ています。到着早々 ”極寒” を味わったわけですが、それでも雪ではなく雨が降っていましたから今日は暖かいのだとか...。目の前に迫っていた春が急に遠ざかった気がしました。

秋田の街の景色でも写真に収めようかと考えていましたが、仕事が思うように進まず余裕がなくなってしまいました。油断しているわけではないですが、人が気を抜いた瞬間に悪魔が何処からかやってきてお仕置きをするようです。それを踏まえて万全の態勢で臨む時はあっけなく終わったりするものですよね。

上手くいかない日もあります...。

さあ大きく育て! いえ、これが最大サイズですが

Posted on 2015/01/26

diary5642

自分への沖縄土産として購入した ”ミニパイン”。しばらくは観賞用として ”見ているだけでOK” とは言われましたが、なるべく長持ちさせたい! その後見頃を過ぎたら植え替え何ぞして育ててみたい! そんな気持ちにさせる可愛いヤツです。

そこでWEB検索にて育て方のノウハウを調べてみたのですが、どうやら室内に置いておけば南国でなくても気温の変化は心配ないらしい。しかし強い日差しを好む為出来るだけ日向に置きましょう! とある。私のマンションは一応南向きの部屋ではあるものの、目の前には夏の日差しを遮るべく大きな木が規則正しく植えられていて日当たりが悪い。

こいつはどうしたものか...と考え、最近流行りの水耕栽培に見るようなLED照明にて育てて見る事にしました(写真はまだLEDを当てる前のもの)。植物育成用には専用波長を発するLEDもあるようですが、そこまで本気ではないので手元にある3W球に2W相当の電流を流し1日12時間以上照射。さてどうなるでしょうね。これで上手くいきそうな兆しがあればベジユニみたいなものを購入して3つくらい奇麗に並べて育てたら可愛いですね。ただ気になるのは現時点で所々葉っぱが黄色くなってきている事ですが...。

ところで ”パイン” と ”パイナップル” 何が違うんでしょう? 確か何か違うって昔誰かに聞いた気がします。「ミニパイン」より「ミニパイナップル」のほうが響きが良いんですよね。

東京には東京の色

Posted on 2015/01/25

diary5641

東京へ戻ってきたのなら東京らしい写真でも...というわけで歩いた丸の内。本来の目的はFrancfrancで手に取って見たいものがあったのですが生憎現在は在庫切れとの事でそのままお散歩へとスケジュール変更。

丸の内はやはりオシャレなショップとカッコイイ車がよく似合う...。特にモノクロに近いカラーで仕上げるルックは私的な丸の内カラー。勿論ただ色を抜くだけではなく色々な工夫があるのだけれど...。

ここへ愛車MINIを停めても凄く良い感じに仕上がると思いますが、やはりこういうのは偶然じゃないと面白くない! 奇麗な場所に奇麗なモデルさんを連れていって撮ったらそれなりに仕上がるのは当たり前で、その場で画になりそうなものを見つけるのがスナップの醍醐味。背景しかり、被写体しかり...ですね。今日はたまたまここにカッコイイ車が上手い事停まっていたのです。シルバーのボディってところがベストマッチ。

肝心な景色を見てくるのを忘れた

Posted on 2015/01/24

diary5640

東京に戻ってきてその寒さにビックリしました。昨夜遅い時間だった事もあり自宅に到着した時には4℃程しかなく、そこに強い風が吹き荒れていましたから体感温度ときたら...。

全国何処へ行っても感じる事ですが近年は海外からの観光客が凄く多くなりました。今回の沖縄でも閉店間際の国際通りでは1/3くらいが中国人観光客だったんじゃないかと。ツアーで訪れているという感じでも無かったですから、多分日本人観光客は食事に夢中になっている頃で余計にお土産屋さんの外国人密度が上がったように見えたのでしょうね。

観光地に行くとあらゆる国の外国人が見れて私は結構ワクワクします。服装とか、体形とか、仕草とか、リアクションとか、それだけで日本とは違うな!と感じる点に刺激を受けるからです。上の写真なんて、白いヘッドホンをした女性がカッコイイ事! このままAppleのCMに出てきそうじゃないですか。思わずカメラを向けて満足したところまでは良いですが、私自身そこからの景色を見てくるのを忘れました...。写真を撮る事に夢中になっているとそれだけが難点です。

もう少し居たいと思えた

Posted on 2015/01/23

diary5639

あっという間の一週間でした。水曜日の折り返し時点では「やっと半分?」何て事も感じていたのですが、仕事が毎日遅くまで忙しかった事もあり、羽田に向かう今はちょっぴり寂しい気分です。

仕事仲間には「明日も美ら海に行こう」と誘ってもらったのですが、流石に日曜日に行ったばかりですので遠慮しました。内心結構悩んだんですけどね。それがコマカ島だったりしたら間違いなく便乗させていただきましたが。あの無人島は誰でもひょっこり行けるものなんでしょうかね?

暑さにめっぽう弱い私ですが流石に冬の沖縄は凄く過ごしやすかったです。それでも大寒のこの時期でさえ昼間は22℃にもなりましたから驚きましたけどね。日本では25℃を超えると「夏日」と呼ぶんじゃなかったか?と自分の記憶を疑いました。

次はあえて真夏の、いえ、せめて海に入れるシーズンに観光気分で来てみたいです。星野リゾートみたいな所で波の音を聞きながら時間を忘れるという贅沢を味わいに。だって今回初めて沖縄という土地を好きになれたんですから。

沖縄を見る、沖縄を買う、沖縄を聴く

Posted on 2015/01/22

diary5632

沖縄観光名所の一つにもなっている国際通り。観光名所というよりはお土産通りという感じですね。これまで何度も沖縄を訪れているわりには今回初めて歩いたわけですが、想像したよりずっと多くのお土産屋さんが軒を連ねているのですね。ゆいレールの駅で2駅分も続いているようです。

ちんすこう、さーたーあんだぎー、紅いもタルト、琉球ガラス、ちゅら玉、もずく、黒糖、ハブ酒、雪塩、かりゆしウェアあたりが定番なんでしょうか。それらはあちこちの店舗で目にしますが、京都の八つ橋みたいなもので販売業者が沢山ありすぎていったいどれが本物?みたいな感は否めません。広島のもみじまんじゅうもそうですね。

冷やかし客としてお土産通りを歩くのは大好きです。

diary5633 diary5634

diary5635 diary5636

この通りを歩いていて思わず足を止めたのが ”ミニパイン” の陳列。5cmくらいの大きさの超小型パインがグラスに入って並んでおり、多くの人の目を引いていました。丸かじりにはちょうど良いサイズですがどうやらこれは食用ではないらしく、完全なる観賞用との事。小さい物好きの私にはここ一番のヒットでした。これは実に沖縄っぽい!じゃないですか。

あっちへフラフラこっちへフラフラ、食事を済ませてもなお考え、翌日になってもあきらめがつかず、結局本日このミニパイン購入に至りました。なんと1個100円。グラスがプラス200円。観光地土産にしては破格のお値段。

聞けばこのままグラスで少しの水に浸して1か月くらいは観賞できるらしく、その後は実の部分を切り取って葉の部分を土に植えればすくすくと成長するらしい...。ただ東京の気温でOKなのか確認を忘れたけれど。もし1か月でダメになっても総額300円なら諦めもつくというもの。まあ愛着が湧くでしょうからそうもいかないでしょうけれど。

diary5637 diary5638

お土産店とLAOXが同列で並んでいるというのも面白いですね。海外観光客向けの免税店なんでしょうけれど扱う商品の価格帯が違いすぎますよね。

アルコールの飲めない人にとって沖縄は食事面で困ります。特に夜になると沖縄料理、肉料理、居酒屋ばかりなので、基本的にお店の雰囲気が飲む前提なんですよね。かといって全国にあるチェーン店みたいなところに入るのも味気ない気がして、結果的に毎日沖縄料理になるわけです。飲めないのにお通しやら何やらでやたらと高額になりますが、それも土地の雰囲気を味わえると思えばよいわけで...。

初日に訪れたお店では一人寂しい食事になるはずが、なぜか目の前で沖縄民謡のライブが始まり1時間ほど楽しむことが出来ました。客席と一体となりながら進行していく中で「歌ってほしい曲」のリクエストが私に向けられ、咄嗟に浮かんだのが「島唄」でしたので大声でそう答えたのですが、思い浮かべた島唄はTHE BOOMのヒット曲で、いったいあれは沖縄民謡の一つなのか?と後になって考えたり...。もちろんリクエストに応えてフルコーラスを熱く歌ってくれました。沖縄のこぶしの効いた生歌は初めてでしたのでちょっと感動しました。あの声っていったいどうやって出すのでしょうね。東京に帰ったらひさしぶりに「やなわらばー」を聞いてみようと思いました。