月別アーカイブ: 2015年6月

夜が気持ち良い

Posted on 2015/06/30

diary5921

食生活やら運動不足やらいろいろ理由はあるでしょうが、ここ5,6年は私も高コレステロールを医者から指摘されており、軽い薬を飲み続ける日々です。先週最寄りの病院で血液検査をしたところまたも中性脂肪が上限をオーバー。確かに ”薬を飲んでいるから大丈夫だろう” と暴飲暴食を続けた自覚がございます!

贅沢ではないまでも食いしん坊な私の事ですから、食べたいものを制限するのには限度があるというもの...。残された手段は ”燃焼させる” 事だけですから、ポタリングに丁度良い気候を逃すまい!と夕べ遅くに近所をトレンクルで走りました。と言ってもせいぜい10km程度のものですが。翌日が休みとか言えばちょっと海まで...なんて気にもなるのですが。

その昔 ”ワニ騒動” で有名になった石神井公園。もう20年以上前の話です。その後無事捕獲されたのでしょうか? これから暑い季節になりますから自転車は夜流すのが気持ちいいですね。

灯台下暗しとはこの事か

Posted on 2015/06/29

diary5919

写真が今日の天気ではないのが残念ですが、梅雨時に覗かせたつかの間の晴れ模様という意味では今日も同じような空を見上げました。忙しい毎日を送っていると日常の変化に鈍感になるというか、気にしなくなってしまう自分がいます。気にしなければ美しさに気付かないなんてやっぱりどこか変ですね。

足下ばかり見ていませんか? 目の前には今しか見られない大切なものがあるかもしれません!

話題はがらっと変わりますが、本日より当ブログにもTOPへ戻るアイコンを設置しました。これまでもその存在は知っていましたが特に必要性を感じていなかった為導入を見送っておりました。しかし最近になってAndroidスマホを手にするようになり初めてその意味を実感したのです。iPhoneであれば当たり前だったTOPへ戻る機能がAndroidには搭載されていないのですね。特に私のように意味もなくダラダラと長い文章を綴ったブログは一旦下までスクロールしてしまうとトップに戻るのが一苦労!

本日より、ページをある程度下までスクロールすると右側にうっすら矢印アイコンを表示しております。ワンクリックでトップまで戻れます。

私の場合、周りばかり見ていて足下が見えていなかったようです。

diary5920

見慣れたものがオシャレに見えるお店

Posted on 2015/06/28

diary5918

昨日iR MAKERSへ車を引き渡しに行った帰りに二子玉川にある蔦屋家電に立ち寄ってみました。先日見つけた大阪の蔦屋書店のワクワク感が忘れられず、東京のそれも気になっていたのでした。

未だに ”蔦屋” と ”TSUTAYA” の関連性は分かりませんが、少なくとも ”蔦屋家電” と ”蔦屋書店” が姉妹店である事は共通した店内の造りから感じる事が出来ました。どちらかと言うと店名が示す通り二子玉川店は家電がメインのお店になっていて、私の住み処とするには最適な環境であることも確認出来ました。

店内は撮影禁止になっていたため外から撮ったこの1枚で想像して頂けると良いのですが、店内は全てこのようなリッチ&モダンな環境。自転車が展示されている直ぐ脇には自転車書籍が並んでいて、カメラコーナーの脇には写真集、エアプランツの脇にはガーデニング書籍...みたいな感じで、毎日通っても退屈する事は無いでしょうね。

ドローン有り、カメラ有り、電動自転車有り、Apple製品有り、オーディオ有り、インドアグリーン有り、美容有り、健康有り、玩具有り、書籍有り、カフェ有り、自由に使えるソファー有り。

その全てがアートのように展示されていて、決して店員さんが「いらっしゃいませ」と声を掛けてくる事がない。逆に、色々なものがスタイリッシュすぎて何を買って良いのか分からなくなる。何が欲しいのか分からなくなる。そもそも買う為に足を運ぶ場所なのかさえ疑問になってくる。多分私のように、この場所に行く事が目的みたいになっている人も少なくないと思います。

それくらい快適でワクワクする空間。人気が出すぎてしまったら窮屈になりますが、まだ見た事がないという方はぜひこちらをご参考に。蔦屋家電オフィシャルWEBサイト

MINIがブランドで語られるなら

Posted on 2015/06/27

diary5910

愛車MINIもいよいよ3度目の車検を迎えました。これまで新車を購入すると1度目の車検で次なる車に乗り換えてきた私としては記録的なロングライフですね。車の運転を趣味の延長と考えるとこれ以上の車はなかなか無いんですよ! フルマニュアルのカメラで写真を撮るのに似ていて、クオリティの高い写真を生み出す事が目的ではなく、自分の力と知識で撮る行為そのものを楽しむ、その上で結果が伴えば最高! みたいな。

しばらくの間、愛車の面倒を見てくれるのはお馴染 ”信頼と実績のiR MAKERSさん”。

diary5911

これまでも何度かiR MAKERSさんの写真を掲載させて頂きましたが、今回の写真はいつもと少し違う事にお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんね。そう、iR MAKERSさんこの度工場移転されました。場所は大田区大森ですから我が家からだと数キロ遠くなってしまいましたが、工場そのものが2倍くらい大きくなりました。

確かに以前の工場だと繁忙期には敷地内での車の入れ替えが大変そうでしたから今度は広々で良いですね。でもこれってよく考えると凄い事で、Classic MINIのオーナー数は少しずつとは言え年々減少していくはずなのに、工場が2倍になるって...。それだけ多くのMINIがここに集まってくるという事なのでしょう。

diary5912 diary5913
diary5914 diary5915

MINIに限った事ではありませんが、オールドカー専門店とか車種限定ショップというのはどこかマニアックな空気が漂っていて、とかくビギナーさんは足を踏み入れ難いものです。まして女性オーナーさんなら尚更。そういった固定観念を払拭する狙いがあってかiR MAKERSさんは以前の工場の頃からこのようなオシャレで美しい内装に拘っていますね。

私なりの考えですが、この時代にClassic MINIに乗る人というのは何かしら自分なりの拘りを持っている人が多いんじゃないかと思うのです。車を操る楽しさに惚れ込む人とか、形が可愛いからとか、小さい車が欲しかったとか、古い車が好きだからとか、映画やテレビで見て憧れていたとか...。それらにプラスしてMINIという車が世界的知名度を持つ名車とくれば、足を運ぶショップや工場にも拘りたい! 持っているバッグや洋服のブランドで「あいつオシャレだな!」って思われるように、MINIに乗るなら ”iR” というブランドがこの時代には響く!

ちょっと自分の感情でオーバーな表現になりがちですが、MINIの雑誌などを読んでいてiRさんの広告ページが出てくるとやっぱりオシャレですよ。清潔感があって、良い車がストックされていて、初めての人でも足を運んでみたいと思う。それをリアルに感じられるのが工場で言うならこのスペース。実際今日私が訪れた時点でいらっしゃっていたお客さんも女性の方でしたね。

工場の正式オープンは今日という事でしたが、本来の作業で忙しい中での移転作業だったようですから、内外装共に目指す完成まではもう少し掛かりそうだとの事。2Fスペースもこれまでより広くなりましたから余裕のある空間の使い道、今後が楽しみですね。

実は前々から感じている事が一つあって、建物内にはBGMらしき音が以前の工場の頃から流れていないのです。私の記憶が正しければiRさんのショールームも無音だったような...。そこにもなにか拘りがあるのでしょうかね? 空間がオシャレなだけに音楽まで拘ってしまうとキザになりすぎるとか? 確かにここに似合う音楽のジャンルって難しいですよね。B&Oのオーディオセットはドンピシャですが。

diary5916 diary5917

床までピカピカの工場内には既に多くのMINIが詰め込まれておりました。写真に撮り忘れましたが、更に右奥のほうに何台ものMINIが停まっているのです。ただ、メカニックの方が増えたわけではありませんので、車のストックが出来るようになった分、今後はこれまで以上に作業に追われる毎日なんじゃ...と要らぬ心配をしてしまいます。

仕上がりは気長に待ちますので私の愛車MINIもどうぞよろしくお願いします。こんな工場なら完成車をピックアップに行くのも楽しみです。

香り薫る季節

Posted on 2015/06/26

diary5909

午後から厚木でお仕事。私が厚木を訪れる時はかなりの確率で雨が降ります。駅からは1kmくらい歩くので傘を差していても足下はそれなりに濡れ、帰宅時のロマンスカーはいつも湿っぽいイメージしかありません。天気の良い日ならあの列車から見える景色は多少なりとも観光気分を味あわせてくれるのでしょうか? そんな気分になれるとしたらきっと厚木より先ですね。

雨と言えば、天気の悪い日は匂いに気を配る必要があります。湿度が高まると人は匂いに敏感になりますから、汗っかきさんの汗対策は勿論、女性の方が香水をつけるならいつもより低い場所、足下につけるのがポイントだそうで。何事もくどくならない程度が良いというわけですね。

キンモクセイの花が梅雨時ではなく秋の花だった事にほっとしますね。とても良い香りなんですが、乾燥した秋でさえあの存在感ですから湿気の多い今の時期に咲いたら街全体がトイレみたいになってしまいそうです。

車検の準備

Posted on 2015/06/25

diary5908

愛車MINIの車検があと1週間で切れてしまいます。まずい、走れなくなってしまう! と慌てて車検&点検の予約を入れたのが数週間前の事。いつもの事ながら時間に余裕を持つのが苦手な私です。

車検だけなら以前所有していたSMARTの時のようにユーザー1日車検として検査場に自ら持ち込めば良いのですが、私のMINIも見た目こそ奇麗とは言えもう15年前の車ですからね、細かな問題を抱えていたり、間もなく不具合を起しそうな場所もありますから、転ばぬ先の杖的に専門家の目で点検してもらうというのも重要な事でして。

週末にはiR MAKERSさんに持ち込む予定ですが、明日から生憎天候悪化の予報ですから、事前に準備が必要な事は今日の打ちに済ませておきました。

点検&検査期間中MINIに乗れないと思うと急に出掛けたくなってくるものですね。これからはやはり高原が気持ちよさそうな。

私の禁じ手

Posted on 2015/06/24

diary5907

私、恥ずかしながら箸の持ち方には自信がありません。パッと見は普通ですがよく見ると正しくないです。大人になって箸もまともに持てないというのは甥っ子や姪っ子の前で示しがつきませんから、今からでも癖を直そうと努力しています。

買う気もないのに雰囲気が好きで時々こうした箸専門店に立ち寄ったりするのですが、この時期だとこんなふうに紫陽花とのコンビネーションが和の雰囲気を醸し出していて良いですね。

やはり私も歳をとったということでしょうか? 箸は勿論の事、最近やたらと植物に興味を持つようになりました。このまま怪しい石とか骨董品とかにのめり込まないよう注意が必要ですね。私の性格からして一度始めるととことんお金をつぎ込んでしまう傾向がありますので。

街で感じる事

Posted on 2015/06/23

diary5906

ピンクの洋服の子が激しくPUSHしている姿が可愛かった瞬間。いったいあのボタンを押したら何が起きるのか?丁度子供の手の届く位置に設置されているのが憎いですね。いえ、本当に私も何が起きるのか知らないのですけれど...。

東京の街を歩いていると、長野(南部)の実家にいた頃には見かけなかったものや人に出会う事が多いです。東京に住んでもう20年以上も経っているのでさすがに驚きや感激は薄れましたが、逆に田舎にしかなかったものを懐かしむようにもなりました。

小学校の通学路にお地蔵さんがいて、お決まりのワンカップ酒のコップに十円玉とか、冬になると氷を蹴りながら帰る子供とか。

夏に向けて何か考えたい

Posted on 2015/06/22

diary5905

ブルーマンデー症候群とか、サザエさん病とかいうやつでしょうか、毎週日曜の夜は寝つきが悪く今朝も明るくなってから寝ました。6時台には起床なのでいつも月曜日は2時間睡眠が普通になりつつあります。

別に月曜日に何かあるわけではなく、伸び伸び過ごした日曜日が名残惜しいだけなんですけどね。

休日と言えば、世間様は夏休みの予定をとっくに立てているのでしょうね。近年流行の夏フェスなんて季節と趣味を両立できる最高のイベントだと思います。残念ながら私はフェスらしいフェスに参加したことはありませんが、夏の野外ライブは何度か経験しているのでその雰囲気は理解しているつもりです。巨大なフェスの場合、イベント終了から帰宅までのごった返した状況を想像すると参加はちょっと躊躇してしまうんですよね。

誰が決めたわけではありませんが、夏から秋にかけては楽器の季節。たまには落ち着いて聞ける野外イベント参加したいなぁなんて思ったり。

意味が無い事に意味を見出す

Posted on 2015/06/21

diary5904

自宅にあったらまず落ちつきませんが、こうした廃物利用からアイデアを形にするという行為は使い捨て感覚の強い現代において見直されるべき方向性ですね。じゃあコレを作ったから何かの役に立つのか!と言われるとそういうものではありませんが、何これ?と注目させるには十分な要素を含んでいると思います。

写真ではこの範囲しか撮っていませんが、実物はこれの10倍位の面積がありますからキートップだけでいったいいくつ使われていて、何人で製作したのか気になるところです。

先日立ち寄った大阪駅の蔦屋内に設置されています。