contents    previous    next


(560) 安い買い物    2004/12/28

DIARY594.JPG - 15,074BYTES

 

正直、待っていました!としか言いようの無い発売日。

私は基本的にゲームというのは無縁なのだが、このグランツーリスモというのだけは別格だね。パッケージに記されたDRIVING SIMULATOR の文字はまんざらウソでもなく、確かに仮想空間でのドライビングレッスンをもターゲットに含む出来栄え。実在のサーキットを衛星写真や最新の測量技術で再現し、日頃見ているコース周辺の景色までもが画面の中。収録車種は650台を超えるという。

この先近い将来には、こういったシミュレーターで腕を磨き、現実のレースに飛び込んでいくのが当たり前の手段となるのだろうな。


(559) 効果の程    2004/12/27

後ろ半分!だけとは言え、一応アーシングを施工した私のSMART。

それなりに手間隙とお金をかけたのだから、ある程度の見返りを期待するのは当然の事。そっと夜中に家を出て渋滞を忘れたいつもの道を走ってみる。ふむふむ。確かにシフトタイムラグは多少?緩和され、ギアのつながりも幾分スムーズか?パワー云々は言葉にするほど変化は無い。それよりも施工中にバッテリー端子を外していたわけだから、コンピューターが学習した燃調マップと点火タイミングの補正には当然の事リセットが掛かってしまっただろうな。それにここ2,3日の東京は随分気温も下がったから、ただでさえパワーが出ていてアーシング自体の効果というのはほとんど分からないというのが正直なところ。

ただはっきりしているのは、作業中エンジンルームの隙間に置き忘れたスパナが、今日の派手な運転で カラ〜ン カラーン!と何処かへ飛んでいってしまった事か...


(558) 2004に見た坂道    2004/12/26

DIARY593.JPG - 25,853BYTES

 


クリスマスも終わり、街のイルミネーションはいつの間にか新年のディスプレイへと形を変えた。
今、暮れ行く1年を振り返る瞬間。

何事も無かったかのように終わる1年。何かを期待するように迎える1年。人が考えるような、”大きく分かりやすい変化” として感じにくいのが年の変わり目だとするならば、やはり気持ちの上で今一度自らを振り返る ”きっかけ” を必要と感じた古来の生物達が、今の我々に当たり前のケジメとしてこの時代に残したならわし的感覚の発展が ”暮れ” という響きになるのだろうか?

1年間一つの感覚を意識してファインダー越しに見た風景。”坂道 2004” 完成しました。 

 


(557) 気持ちの変化?    2004/12/25

DIARY590.JPG - 32,624BYTES DIARY591.JPG - 24,912BYTES DIARY592.JPG - 20,930BYTES

お手軽チューニングという意味で多くの車ファンが注目するアーシング。とは言うものの、いわゆるバッテリーのマイナス端子からダイレクトに配線を引き回したところでいったいどれ程の効果が得られるものか?半信半疑にして決定的なきっかけが無かった今まではそれなりに良い金額となる事も考え手を出さずにいた。しかし先日の追加メーターのセンサー配線のためシート取り外し工具購入となった成り行きで、百聞は一見にしかず!との思いのまま施工に踏み切った。

サイドエアバックの装着されたシートを静電気多しこのシーズンに何度も取り外すのは今ひとつ気が進まなかったが、施工内容がアーシングならば静電気も常にアーシングされているわけだから逆に安心?なんてくだらないことを考えながらの作業は2時間ほどで終了。私の場合、SMART専用としてキット化されている物は使用せず、各パーツを集める事でコストパフォーマンス優れるオリジナル品とした。今回は購入しておいたケーブル長の関係から、バッテリー→エンジンルーム数箇所への配線のみとし、運転席/助手席の足元へのボディアースは今後の追加作業として割り切った。

さて、世間的に言われるSMART特有のシフトタイムラグの緩和?。正直あまり変わらないような??それでもクラッチが繋がる時の回転の落ち込み(SMART流息継ぎ)が減ったのは確かに気のせいではないかも。


(556) サンタも逃げるクリスマス    2004/12/24

DIARY589.JPG - 36,023BYTES

 


電車に乗り込んでくる大勢の人達がどこかあかぬけて見える夜。
世間的には今日のこの日が特別な意味を持つらしい。

私はこういったステレオタイプのお話にあまり興味が無いのだが、せっかくのチャンスなら枕元に靴下の一つも置いて寝てみようか?しかし最近は洗濯をする暇が無く、匂いのきついソレではサンタもびっくりかな?


(555) 欲望に限りなし    2004/12/23

私が車の運転免許を取ったのは高校を卒業した18の頃。しかし自分の車を所有したのは23歳になってから。その間のペーパードライバー期間には不思議と強く車を欲しいとは思わなかったし、逆に自分が車を所有するなんて夢に近い事のような気がしていた。

私より早く友人が手に入れた NISSAN マーチ。仕事場の後輩から5万円で買ったというかなり年代物のモデルではあったが、初めてドライブに出かけた山中湖では徹夜明けにもかかわらず私自身ハンドル独り占め状態だった事を思い出す。特別優れたパフォーマンスではない、むしろ不具合すら目立つ状況になぜそこまで楽しめたのか?

SMARTモディファイに積極的な今の私は、今日もまたアーシング材料を入手した帰り道、そんな事を考えていた。


(554) 考えるばかりで先見えず    2004/12/22

SMART モディファイの入り口とも考えていたアーシング。激的効果など望めないのは承知の上、百聞は一見にしかずとの言葉通り試してみよう!なんて考えが再浮上。

先日の追加メーター装着にておよそのケーブル引き回し手順はイメージ出来るからして材料さえ揃えば即実行となるハズだが、ここ数日は目の前に立ちはだかる年賀状作成作業!。どうせならデザインも自分で考えたいなどと小さなこだわりを持ち始めれば考えるばかりで進まない現実。このままだと明日の休みは ”パソコンとにらめっこ” で終わりそうな予感。いろいろとやりたい事、やらねばならない事が山積みなのだけれど...


(553) 寝起きには眩しすぎる    2004/12/21

毎日通過する国道1号線と山手通りの交差点。ここのところは天気もいいから朝の光は強くそして太陽はやけに低い位置に見える。それは朝だからと思えばそれまでだが、交差点で信号を待つ人々の吐く息が一段と白く見える現実を感じ取れば、いよいよ本格的な冬の訪れを認めざるを得ない。光源の位置と人の波が作り出す横断歩道への影。シャッターを切るには絶妙のシチュエーションだが朝ばかりは私も時間が無い。とっとと仕事へ向かう。

やがて日も暮れ帰宅となればブラウン管の向こうでアナウンサーが冬至の知らせを読み上げる。なるほど朝の光は今年見た最高の光か...


(552) パーツとしてどうです?    2004/12/20

DIARY587.JPG - 33,854BYTES DIARY588.JPG - 24,440BYTES

メーターを取り付けて大満足の朝。

机の上にはバラバラになった純正タコメーターと時計...。あらら勿体無い。SMART乗りの間では多くの人が純正メーターのケースに社外メーターを埋め込む事で ”見た目重視!” を狙うのだが、私も当然その一人。ところが純正メーターをばらし、中身を削って...という段階までは地味に進めたものの、先走る気持ちのままにケースは二の次にして社外メーターをそのまま車に仮組みしてみれば、これまたどうして意外にもカッコよく見える!そんなわけで不必要となりバラバラになった純正メーターの残骸のみが残ったというわけだ。もはやケースはくり抜いてしまったため純正としての機能は果たさないし、かといって捨ててしまうのも惜しい気がする。どなたか社外メーターで同じような事を考えている人がいればそのままお譲りするのだが...。

逆にせっかくのBRABUS専用メーターだから、両メーターとも文字盤だけ再利用するなんて使い方もあるのか?いずれにせよ必要な方はご連絡いただければそのまま差し上げます。どうせならバラバラにする前に譲ってほしかったとの声も聞こえてきそうだが...

※ たくさんのお問い合わせ有難うございました。


(551) ターボ者だから    2004/12/19

DIARY585.JPG - 24,943BYTES DIARY586.JPG - 21,353BYTES

今日こそは!と意気込んで始めるメーター取り付け作業。と、その前に、昨日は見ぬ振りをしたヘッドライト、念のためもう一度スイッチオン!...やはり点かない。簡単に思いつくヒューズを確認すれば意外にもこいつがビンゴ!。新品と交換して問題なく修復完了。寒くなってきたから点灯する瞬間の突入電流が増えたのかもね。

で、ウッキウキ気分のままメーターのワイヤリングを進めるのだが、なんだかいつも以上に頭がさえる今日は見る見る作業が進む。あっという間に接続完了だね。ただし、タコメーターの回転パルスの信号はいったい何処から取るべきか?実は昨日ディーラーさんに問い合わせをしたのだが本社に聞かないと正確な事は分からないとの事で、最速でも明日月曜日以降の回答になるとか...。う〜む、それでは私のカスタマイズ道楽には間に合わないのだ。オシロスコープでもあれば話は早いのだが、個人がそんな物を持ち合わせているはずも無く、仕方が無いのでテスター片手にダイアグ端子を端から計測。エンジンを回していない時の電圧値を全て控えた後、エンジン始動後の値を再計測。停止時に0Vの端子で尚且つ始動後にプラスレンジに振れる回線に絞込み、直流パルスだとすれば+12Vなんて値を示す回線はまずハズレだからして、それらしい端子をいくつか抜粋。後は使用されているケーブルの太さと色で判断し、絞り込まれた1本に祈りを込める。メーターのコントロールユニットに仮配線を済ませ、いざエンジン始動!タコメーターは1,000rpm程度を示しアクセルをあおれば回転とリンクして振れ幅も広がる。予想は見事的中だね。でも一応ディーラーさんからの回答で確認しよう。

さて全ての結線が終了し一通りの動作確認を行えば、どういうわけかブースト計がいつでも負圧のまま。あれれ?メーターの故障か、無理して引き回したケーブルの断線か?しかし、エンジン停止時にも圧力ゼロを示さないのはどう考えてもおかしい。再びエンジンルームを開けバキュームからのパイピングを抜いてみる。と、ゼロになった。よくよく確認すれば圧力センサーを取り付けた位置よりも上流にワンウェイジョイントが挟まっている。なるほど、それより下流で計測しても正圧にならないのは当然だ。センサーの取り付け位置を上流にずらし再度確認を行えば、気持ちいいくらいビュンビュン動いたね。

メーター照明には緑を選択。これが Defi 昔ながらの発色といった感じで一番上品なのだ。SMART なのにちょっとカッコよくなりすぎたか?詳細は後々SMART コーナーで触れるとしよう。


Diary