カテゴリー別アーカイブ: Bicycle

横浜サイクルスタイル2017(2)

Posted on 2017/06/12

 

RENAULTブースの隣でこれまた魅力的な自転車を発見! OX BikesというメーカーのPECO Bucchoだそうな。テンション上がりまくりの私の姿を見てRENAULTのスタッフさんは「さっきまでうちのマグネシウムフレームが良い!って言ってたじゃん!」と思ったに違いありませんね。

12インチという小型タイヤはオフロード向きのイボイボ極太3インチ。ファットバイクの超小型版といったところでしょうか。ただタイヤ径が小さいだけなら他にもありそうなものですがこのドーナツタイヤはなんとも可愛いのです。内装3段ギアらしいので小さくても結構実用的に走れるんだとか。

スタッフの方に話を聞いたところこの12インチタイヤ用のリムはアルミブロックから削り出しているらしいです。つまり汎用品を組み合わせているのではなく一つ一つ手作り。

 

写真では細かなところを撮影しませんでしたがこのサイズで前後ディスクブレーキだったりするので随分贅沢な構成ですよね。まあよく考えてみたらこのタイヤ幅をクリアーするブレーキってディスクブレーキ以外無さそうですけど。しかもこのフレームにして前後ともサスペンションを内蔵しているのでタイヤのコンプライアンスと相まって衝撃吸収はなかなかのもの。フレームサイズといいタイヤサイズといい、子供が乗って丁度良いくらいですが大人だったらどんなバランスになるんでしょう?

一つ残念なのは、これだけのインパクトあるタイヤなのにオフロード走行禁止という設計。恐らく折畳み自転車であるが故、全体的な強度がマウンテンバイクのような基準では作られていないという事なんでしょうね。これで階段を駆け降りたりしないでね!という事のようです。それでも北海道の雪道で使っている人もいるそうですから、実際のところ悪路は車体にダメージが及ばない範囲であれば自己責任で走行できそうです。

その代わりOX Bikesはもともと車イスを作っていた国内メーカーらしくフレームの設計などを得意とするようで、PECO Bucchoも一つのレバー操作で簡単に折り畳む事が出来ました。

 

ノーマルのPECO Bucchoでもその存在感はかなりのものですが、ブース内には一際目を引くカスタムモデルが...。聞けばこのモデルはお客さんの車両との事で、丁度目の前にいたご本人に了解を得て写真に撮らせてもらいました。

コミカルなのに威圧感を感じるくらいのカスタムBuccho。文句無しにカッコイイじゃありませんか! 何をどう組み合わせたらこんな存在感になるのか知りませんが、泥よけ一つにしてもカーボンで出来ていてどうやらポケバイ用のパーツを加工して付けているようです。私にはこういうカスタマイズセンスがないのでこのまま売って欲しいくらい。車に例えたら普通のインプレッサの横にWRC仕様のインプレッサが停まっている感じですか。

 

この時点で試乗可能時間は残り30分を切っていて、総合試乗受付カウンターは締め切られてしまった為残念ながら実車に乗る事は出来ませんでした。これくらい個性的な自転車となると乗ってみない事には走りの想像はつきませんから今回はまたとないチャンスだったんですけどね。自宅に置く場所があれば是非とも購入してみたいモデルですが、いかんせんお値段が...。アルミ削り出しリムが効いているのか初期トレンクル並の価格設定。

やはり20万円近い価格になってくると電動アシスト付きも目に入ってくるわけで。それじゃダイエット効果が半減ですか。

横浜サイクルスタイル2017(1)

Posted on 2017/06/11

 

昨日訪れた横浜赤レンガ倉庫。サイクルスタイルというイベント自体参加するのは初めてでどんなものか理解していなかったのですが、WEBの情報によれば各サイクルショップが代表的な自転車を持ち込んでおり会場内特設コースでの試乗が出来るとの事。またサイクル アパレルショップが集いウェアやアクセサリーの即売会なども行われているというので見るだけでも楽しめそうだなと。

いかんせん、思いつきからの行動だった為会場到着が15時半を過ぎており、試乗を繰り返すにはいささか時間が無く今回は各ブースで穴が空くくらい実車を眺めながらショップスタッフの方とお話する事に専念しました。

予想外だったのはこのイベントに展示される車両は私好みの小径車が多かった事。近年は自転車と言ったらロードレーサーがメインで小径車というのは物好きなファンが乗るもの...という印象が強く、こうした自転車イベントでも軽自動車が買えてしまいそうな価格帯のロードレーサーが並ぶ事が多いのですが、このイベントはなぜか小径車。とてもワクワクしました。

 

最初に目に付いたのがRENAULT MAGNESIUM 6とMAGNESIUM 8。14インチタイヤにマグネシウム製フレームを組み合わせ約7kgに収めてきたトレンクルキラー的注目モデル。びっくりする事にこれでお値段6万5千円程だと言うのですから、トレンクルの約30万円はいったいなんなのか...。

各部のディテールを見ていくと結構本気な感じで作られている事が分かり、前後ともVブレーキだったりするところが憎いですね。チェーンガードも装備されていますからズボンの裾が汚れる事もなさそうですし、MAGNESIUM 8にはディレーラーガードもついていて歩道の段差で擦るような事も避けられそうです。小径車は想像以上にこれらのパーツが低い位置に着いているので結構気を使う部分なんですよね。

 

MAGNESIUM 8は上記MAGNESIUM 6の変速付きモデルとも言うべき存在ですが、タイヤが16インチである点が大きく異なるのと、一見同じに見えるフレームもこちらの方がややロングに設計されておりホイールベースが長くなっています。勿論スプロケット分だけフレームのエンド幅も広くなっています。それらを見るだけでも走行性能重視で設計されている事が分かりますね。

リアディレーラーはSHIMANO TOURNEY RD-FT35というもののようで高級なモノではなさそうですが見るからに軽そうです。何気にクランク周りに目を移すとチェーンリングとポストの間に黒いプラスチックのパーツが...。多段化した小径車オーナーなら分かると思いますがこれはチェーン外れ防止用ガードですね。小径車はホイールベースが短い分おのずとチェーンラインに無理が掛かり、内側のギアに変速した際はチェーンが外れやすいのです。私のトレンクルもそれへの対策として工房赤松さんのワンオフパーツを装着していますが、このMAGNESIUM 8はそれが始めから付いているようですから良く研究されているのだと思います。

これで重量約8.5kg、7万円程だというのですから恐れ入ります...。

まあマグネシウムという特殊な素材の耐久性が気になるところではあります。車のホイールでもマグネシウム製は軽量だが酸化しやすいという欠点を持っている事で有名ですから、表面は塗装されているにせよフレーム内部がどう劣化していくのか。もしその点が上手くクリアー出来るなら今後他の自転車にも取り入れられる可能性はありますね。ただチタン同様に加工が難しい素材らしく、素材調達と加工の関係で既に年内の納車は出来ないそうで今注文しても2018年まで生産が追いつかないそうです。

ブースを離れようとしたところ下の写真のようなものを発見。車両自体はULTRA LIGHT7なので先ほどのMAGNESIUM 6のアルミフレーム版ですが、気になったのはそのタイヤカバー。なるほどこれは欲しいですね。自転車を折り畳んで車に載せるにしても汚れたタイヤのままでは抵抗がありますし、かといって電車移動でもないのに輪行バッグに入れるのも面倒なので。こんなタイヤカバーがあるなら同じ14インチのトレンクルにも使えるでしょうから1セット購入しても良いかもしれません。

 

初日はご近所から

Posted on 2017/04/29

早ければ昨夜、遅くとも今日の日中にはカメラを持って天体撮影に出かけるつもりでしたが、仕事で帰宅が遅くなった事と天候が不安定との予報から、ゴールデンウィーク初日の今日は ”ご近所ポタリング” に予定変更。星の撮影は天候と月齢と自分自身のスケジュールが揃わないと実現しませんから運次第ですね。

購入して間もないサングラスを掛けトレンクルで石神井公園あたりをぐるっと走ってきました。期待していた効果ですが、埃は意外と目に飛び込んできます。走行中はグラスの内側に風が巻き込むようでその際埃も一緒に入ってくるのでしょうね。しかし虫に対しては結構効果があるようで、今日も2度ほど大群の中に突入してしまいましたが目に虫が入るようなことはありませんでした。期待通りの結果でまあ満足といったところです。向かい風の時にも直接目に風が当たらないせいか少し楽な感じです。

ただ、すれ違う人がなんだかこちらをジロジロ見ていくのは気のせいではないような。今日なんて隣に止まった自転車のチャイルドシートの小さな子供がこちらを見て泣き出しました。そんなに怖くは見えないと思うんですけどね。なんか変なんでしょうか...。室内で見るのと違い、直射日光を浴びるとシルバーフレームの部分だけがやたら明るく見える事に少し違和感を感じてはいますが。機能性重視という事でこれはこれで良しでしょう。

昨日の写真は糸で空中に吊るしてライティングしているのでデフォルメ感が強く全体像がわかりにくかったという事で今日は普通に撮りました。

世間ではアイウェアなんてかっこよく呼ぶそうですが

Posted on 2017/04/28

サイクリングというより私の場合はポタリング、ママチャリ程度のペースで楽しむ自転車散歩のことですが、それでも距離だけはいっちょまえに50km越えがままあるため、とくにこの季節苦労するのが虫対策。川沿いなどを走っていて時々遭遇するユスリカの大群は肉眼で確認できた時には既に遅く、避けることもできず顔面から突っ込んでしまえば容赦無く目の中に飛び込んでくるわけで...。

サイクリングや競技用のスポーツサングラスがメガネメーカー各社から色々発売されているのは知っています。でも私はサイクリングではなくポタリングなので、見た目がやたらスポーティーなものはどう考えてもおかしい...。14インチの折りたたみ自転車でママチャリと競いながら走っているのに、派手なフレームにミラーレンズの流線型みたいなサングラスってそのアンバランスさをあえて狙わない限りちょっと無いよね...と。

調べに調べた結果たどり着いたのがSWANSのAirless Wave 両面マルチレンズモデルSA-506 LSILというモデル。世の中の多くのサングラスが色つきなのに対しこれは無色透明。調光レンズのように室内では透明だけれど紫外線を浴びると黒くなる!みたいな仕組みもなく常にクリア。ただし表面に反射防止コーティングがされている為若干黄色っぽく見えますが、パソコン作業用のブルーライトカットメガネのクリアタイプと同等と言えば分かりやすいでしょうか。なので眼鏡越しの景色に色が付いて見える事はありませんし、レンズのカーブや形状こそサングラスですが普通のメガネに見えなくもないという控えめさがGood。

垂れ目な私にぴったりなレンズ形状ですし、紫外線や眩しさ対策ではなく虫や埃が目に飛び込むのを防ぐ用途ではもってこいのアイテム。若干フレームがプラスチッキーで安っぽいのは我慢するとして、何より今後のポタリングでの実用性が期待されます。

※ 写真ではレンズを強調したくて派手に反射する角度を選んで撮りましたが、ミラーレンズではないのでここまでコーティングカラーが際だって見える事は稀だと思います。

人生の1/10をこの自転車と過ごしている

Posted on 2017/04/17

隅々まで目を凝らしてチェックすれば多少の汚れや小キズはあるものの全体的に綺麗な状態がキープできている私のトレンクル。いったいいつ購入したのかと当ブログを振り返ってみたら2006年2月8日納車だった事が分かりました。

自転車に限らず車にも共通して言える事ですが、少しのキズや汚れを蔑ろにすると一気に老朽化が進みますが常に綺麗な状態を心がけていればいつまでも新車のような状態を保てる気がしています。それでも駐輪場に停めておいたら隣の自転車と共に将棋倒し!みたいに不可抗力により傷が付いてしまう事もあるわけで、そんな時はある程度傷が付いた時点で新品パーツに交換するというのも一つの手だと思っています。

ただ流石に11年前の自転車となると各パーツもモデルチェンジしており、現在使用しているものと同じパーツは手に入らなくなってきています。DURA-ACEのクランクとか、Capreoのリヤディレーラー(RD-F700-SS)なんてのはもはや希少価値すら感じるくらい。

トレンクルのような小径車は最新パーツが必ずしも適合するとは限らず、古いパーツの方が相性が良い場合もあるので無くなりそうなパーツに関しては早めに交換してしまったほうが良いのかも知れませんね。

東京は7月上旬の気温だそうで

Posted on 2017/04/16

そろそろこどもの日も近づいてきたということで、多摩川を川崎方面へ向かえば確か二ヶ領宿河原堰というところに毎年大規模な鯉のぼりが見られたと記憶していたのでトレンクルで行ってみました。多摩川なんて我が家からそう遠くないと思っていましたが今日は少々南下したこともあって往復35km程ありました。運動不足解消には丁度良い距離。

東京では今年最初の夏日とあって昼過ぎには気温がグングン上昇し26.5℃。体を動かしますからTシャツ1枚で丁度良いくらいですが夕暮れ以降冷えてくると風邪を引いてしまいますから薄めの長袖も念のため着ていきました。

到着する前からちょっといやな予感がしたのですが、現地にてはっきりしたのは ”鯉のぼりが無い”。事前に調べる術もなかったのでとりあえず行ってみるしかなかったのですが少々時期が早かったというわけです。季節的にはもう出ていてもおかしくないと思いますけどね。

全く持って不完全燃焼のまま目的を失った矛先は調布飛行場までのポタリング。こうなったら走る事に喜びを感じるしかない!と春の日曜日の実感を強引に引き出した感じ。

ここも沢山の人が訪れていましたので人間観察的な休憩を楽しみました。迷惑にならない程度にトレンクルの写真も撮影。春な感じを残したかったので絞りをF2.8にセットして球面収差とハレーションでほんわかした感じの画に挑戦しました。どんなレンズも絞り込めばそれなりにカリカリの写真が撮れますが、Fujifilm X100シリーズの場合は内蔵NDと開放付近を併用してオールドレンズっぽいこうした描写が出来ますからハマれば雰囲気出せますね。逆に背景をぼかしたいだけなのに甘い描写になってしまうとも言えますが...。

横須賀で体を動かす

Posted on 2017/04/08

  

私だけなら時々トレンクルに乗って数十キロのポタリングをしているのでそれなりに運動になっているハズですが、それでも近ごろは体重が過去最高値をキープしているので、仕事仲間のダイエット計画に便乗し今日は神奈川県の三浦海岸から猿島までを往復するサイクリングに出かける計画でした。

が、しかし、普段の行いが影響したと思われる生憎の天気で横須賀は朝から雨が降ったり止んだり。予定していたロードレーサーによる数十キロ走行には流石に無理があるという事で急遽プラン変更。選んだのはファットバイクによる ”波打ち際砂浜サイクリング”。前から乗ってみたかったんですよねコレ。海近のレンタサイクルにはこういうのもあるのが嬉しいです。

普通のファットバイクであれば前後ブレーキが装備されているようですがコレには無し。元々は付いていたらしいですが海で使っているとすぐに錆びてしまって使い物にならなくなるのだとか。なのでハブが改造してありペダルを逆回転方向に回すとリアタイヤのみロックする仕組みになっています。言うなればピストに近いですかね。当然公道を走る事は出来ません!

タイヤ径が大きな事と極太設計のおかげで砂浜でも思いの外普通に走る事が出来ます。シングルスピードながらギア比も1:1に近いような造りですから人並みはずれた脚力も必要ありません。ただ、足を止めれば当然一気に減速します。例えるなら普通の自転車を軽くブレーキングしながら走っている感じ。なので休む事が出来ないのです。少なくとも砂浜では惰性でスーって走り方は無いに等しい。かなり疲れます!

それでもこれで波打ち際をじゃぶじゃぶ水しぶきを上げながら走るのはとても楽しいです。他の自転車ではまずあり得ない乗り方ですね。ただ、ブレーキの掛け方を間違えるとそのまま海の中で停止してしまうので注意が必要です。そりゃそうですよね、ペダル逆回転で後輪がホイールロックするわけですからタイヤのスリップを除けば急停止なわけで、そのまま海の中で足を付く事になります。倒れる前にすかさず漕ぎ始めれば大丈夫ですけどね。

今日は小雨の中これで1時間半程遊んだ後、雨でも楽しめる横須賀軍港巡りへ...。

自転車は街と自然の融合が一番楽しい

Posted on 2017/04/05

利便性と気軽さの両立で自転車は車に勝る乗り物と感じる都会事情。実家のある長野(南部)に帰ると条件がガラッと変わって車の方が便利ですしむしろ車が無ければ生活に支障が出るくらい。一度だけこのトレンクルを実家に持って帰った事があるのですが、都会で乗るよりスピード感も遅く感じました。

ママチャリに追い越されるトレンクルですが小回りが効くぶんごちゃごちゃした街中を走るには最適、それでもたまにこうして多摩川沿いを走ったりすると遅いながらもやはり最高に気持ち良いです。ロードレーサー乗りなら尚更でしょうね。

そんなトレンクルもそろそろタイヤ交換を検討しています。まだもう少し先でも大丈夫そうですが真夏に交換するのも大変ですし、交換後の優越感に浸るのも夏の暑さではちょっと苦しそうですし。自宅にはトレンクル用の新品スペアタイヤが2セットストックされていて、現在履いているKENDAのセミスリックタイプと先日購入したスリックタイプがあるので早く新しいものを試してみたい気持ちでいっぱいです。

冷静に考えるとトレンクルのタイヤってかなり割高感が否めませんけど...。一番高いものは一本5,000円オーバーですから、先日新調したMINIのタイヤよりも高いという。

一番楽しい自転車はこれだ

Posted on 2017/03/21

昨日の50kmポタリングで多摩湖自転車道を走っていたところ都内でも珍しいリカンベントを見かけました。リカンベントとは ”寝そべって乗る自転車” という表現が分かりやすいかと思いますが、ペダルが車体前方についていて丁度鳥人間コンテストの飛行機みたいな体勢で乗る自転車の事。

私のトレンクルでも街中で結構注目を浴びますがリカンベントはその比ではないでしょうね。目立ちすぎますから乗る事自体勇気がいります。写真を撮りたかったですが私も走行中でしたのでどうする事も出来ず。こういう時用にアクションカムを常時回しとけという事ですね。結構本気で走っている私を涼しい顔で追い抜いていきました。

リカンベントは基本的に2輪で、多分初めの乗り出しはコツが必要でしょうが、ほぼ自転車と同じ幅なので、バランス感覚次第では自転車が通れる場所なら問題なく走れるのだと思います。

しかしリカンベントについて調べ始めると数年前に行ったCYCLE MODEで試乗したリカンベントトライクにたどり着くんですよね。トライクですから3輪、これが見るのと乗るのは大違いで、自転車とは別次元の楽しさがあるのです。人力(じんりき)ゴーカートって感じでマシンに乗ってる感が強いです。完全に車道を走らなければいけないですし、車止めがある場所では走り辛いですが、保管場所さえ確保できるなら絶対に所有したい1台。日本には馴染みのない乗り物ですから公道を走っていても気づかれずダンプとかにひかれそうで怖いですけど。多分そのために旗をつけているのでしょうね。いつか所有できる日が来ますかね〜。

もう春なんだなぁ

Posted on 2017/03/20

暖かくなってきたのでトレンクルの出番です。今年もゴールデンウィークあたりでトレンクルロングライドを考えており、そのためには今から体を作っておかないと急に長距離は走れませんからね。1日100kmを超えるような目標を立てるならこうして事前準備が必要です。

とは言え、目的もなく走るのは長続きしませんから今日は昭島にある森パークアウトドアビレッジまで。西東京の我が家からだと往復で約50km、体力作りには丁度良い距離ですね。春ですからアウトドア用品の品揃えも楽しみですし、途中の昭和記念公園で一休み出来ますから退屈しないはず!

そんなわけで有って無いような目的の為に昼過ぎに出発。花粉と思われる埃っぽさで目が痒かった他はとても快適なポタリング。急にやってきた春の陽気ですから草木の緑や明るい小鳥のさえずりを聞くにはまだ早かったようですが、片道1時間半程の道中が随分短く感じました。

森パークアウトドアビレッジでは、主にウィンドブレーカーや夏用の帽子を吟味。どちらにも共通して言える事ですが、こうしたアウトドアショップでお目当ての商品を探すのは案外難しかったりします。普通に考えれば専門店が集まっているのですから充実した品揃えで選び放題!かと思うのですが、専門的すぎてもう少しラフに選びたい!というのが正直なところ。

「こちらの帽子はランニング用です」とか「こちらの素材は登山に最適です」とか、とにかく1品1品の使用目的がはっきりしていて、私のように「寒い日に着たいんですけど」みたいなアバウトな選び方をする場合は逆に難しいのです。見た目だけで選ぶと、通気性重視で背中の生地だけやたら薄いシャツだった!なんて事になりますからね。結局今日は気に入ったものが見つからず雰囲気だけ楽しむ事に。

敷地内ではちょっとした音楽イベントが行われていて、声の綺麗な元気な女の子がギター1本で歌っていました。加賀谷はつみさんと言うそうです。名の知れた一流ミュージシャンの演奏を聴くのも良いですが、私はこれくらいの規模でストリートミュージシャン的に歌っているのを聴くのも結構好きですね。カントリーロードなど誰もが知る曲を歌うだけでなく、「私はシンガーソングライターではなくシンガーソングハイカーです!」と自己紹介していたのが面白かったですね。ハイキングに歌を持ち込む!というコンセプトのようで、趣味の山登りには必ずギターを背負って挑むのだとか。3,000メートル級の登山にギターを持っていくってなかなかの根性です。山頂に着いたら皆と仲良く歌うのでしょうね。なるほどこういう人が登山メンバーの一員にいたらさぞ楽しい事でしょう。