カテゴリー別アーカイブ: Hobby

流石にオフィシャルグッズの完成度は高い

Posted on 2018/02/11

”FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲 ” の会場出口はグッズ販売コーナー。イベントに感化され興奮気味に出てくるとここでの誘惑に勝てる人は少ないと思われ...。

Aさん:「うわぁ〜キレイ、え、これいくら? 2,500円かぁ。たか・・・」

Bさん:「あら2,500円なら安いわねぇ、あなた買っていったらいいじゃない。明日も元気とは限らないんだから買える時に買っときなさいよ・・・」

どこかのおばちゃん二人のこのようなやり取りが私の隣で繰り広げられなかなか面白かったです。世の中にはいろんな人がいますしその数だけ価値観もありますが、少なくともこうしたイベントに参加した人同士の間には何処か共通する感覚が生まれるのだと思います。そしてそれを何か形にして持って帰りたい...その手助けをしてくれるのがこうしたグッズなんだろうなと。

私が自宅でテラリウムを続けているのもそんな理由で、連休に大自然の中に旅行したりして最高の癒しを感じてくると、ずっとそこにいたい、帰りたくない!みたいに思うじゃないですか。でも大自然を持って帰る事も出来なければずっと居座るわけにもいかないので、せめて自宅でそれを感じられる...あるいはそれを思い出せるようなものを置いておきたい、それならお手軽サイズのテラリウム。それに近い感覚かなと。

ハーバリウムが急激に流行し始めたのは昨年の事。これまで可燃性のオイルでしか標本が作れなかったところに、誰が扱っても安全とされるミネラルオイルやシリコンオイルが広く流通した事で、最近は猫も杓子もハーバリウムって言うくらいどこへ行っても見かけるようになりました。流石に物珍しさは無くなって、またか...って感じは否めませんけど。

しかしここ最近はそのハーバリウムも次の段階に進みつつあるのかな? そんな事を感じる製品が増えてきましたね。今回このイベント会場でしか入手出来ないとされているhikkaさんのハーバリウムは実に色鮮やか。プリザーブドフラワーを用いるアイデアは他でもよく見かけますが色のバランスが良いですよね。そして何より花が大きい事に驚きます。バラの花やヒイラギの葉がそのまま入っていますがどう見てもビンの口より大きい...。生花と違ってプリザーブドフラワーやドライフラワーは無理をして挿入すると崩れそうなものですが上手く作ってますね。

また、一つ購入してみようかな?と思わされたのはリキッドキャンドル。リキッドキャンドル自体は理科の実験で使用するアルコールランプと同様ですが、そこにボタニカルを組み合わせハーバリウムキャンドルみたいな感じで仕上げてきていました。これ間違いなく次の流行ですよね。見て楽しむだけじゃなく火を灯して癒されるとか、リキッドの中にアロマを仕込めばリキッドアロマキャンドルになるわけで、ボタニカルとキャンドルを一番簡単に組み合わせられます。

最近少しずつ分かってきたのですが、こうしたアイテムが流行るかどうかは、専門知識無く誰でも簡単に手を出せて、買うだけでなく自分のアイデアで手を加えられ、満足度の高い結果を得られるか! その辺りにあるような気がしています。そういう意味ではリキッドキャンドルはハーバリウムの次のスタイルだろうと...。

で、そう考えたらここで買うまでもなく自分で気に入ったものを作れば良い!と気付いたのでアイデアだけ参考にさせて頂く事にしました。

あのおばちゃんは結局買って帰ったんだろうか...と今も少し気になっています。

  

残こしたい傾きと安定させたい揺れ、絶妙なセッティング

Posted on 2017/11/10

あのDJIさんがPhantomで安定した空撮が出来ます...なんて言っていた頃、いち早くアナログ電波でFPVを実現していたのがTeam BlackSheep。

今やドローンなんて誰でも飛ばせる時代。だから面白さが半減してしまったという点は否めませんが、おかげで一時期に比べるとドローン人工が頭打ちとなり安定した気がします。今から始めよう...という話を近くでは聞かなくなりましたね。

さてそのTeam BlackSheep、近ごろのアップされた動画を見ていたら何やら魅力的なジンバルセッティングをしていました。映像の安定性からして3軸ジンバルである事は間違いないのですが、ロール方向のZ軸のみ半固定にセットされているのです。

一般的に3軸ジンバルで映像を安定させると、ピッチ軸、ヨー軸、ロール軸が全て固定される為、機体がどう傾こうが水平垂直がキープされ、良く言えば安定映像。しかしピッチとヨーはともかくロール軸が固定されるのはとても不自然で、機体が傾いて旋回しているのに景色は常に水平なのでバンクを感じにくいのです。

その点がジンバルの大きな欠点と言いますか、気持ちわるさだったりジンバル臭さだったりしたのですが、この映像を見る限りロール軸は完全に固定されておらず機体のバンクは感じつつも映像は安定している...。どういうジンバル設定を行えばこの動きが実現出来るのでしょうね。このテクニックをハンドジンバルにも応用出来れば地上でもかなり自然な安定映像が撮れると思います。

 

人生は楽しむことを第一に考える

Posted on 2017/09/08

先日、仕事関係でドローンの話が出た時、「僕も空を飛ぶものが好きで鳥人間コンテストにも出ています」という方とお話しする機会がありました。ドローンと鳥人間ではスケールが違いすぎて話は全部鳥人間に...。そして身近にあの大会の参加者がいた事にも驚き。

我が家も昔から空を飛ぶものには比較的前向きに取り組むところがあり、ラジコン飛行機やヘリコプターのある環境で育ったわけで、1年に1度開催される鳥人間コンテストも毎年楽しくテレビで見ていました。さすがに現地まで見に行ったことはなくいつか本物を見てみたいという気持ちもどこかにありましたが、テレビで見るのと現地とでは時間の流れが違うことは容易に想像でき、1機飛んだら次の機体が飛ぶのはいつだろう? みたいなゆっくりしたテンポは、真夏の開催である事を考えると現地で見るのは現実的ではない...なんて先入観を持っていました。

しかしそのプラットフォームに “4回も立っている人“ となると少し事情が違いますよね。1年間天塩にかけて製作した機体と共に水上10メートルに立つ喜びと達成感は本人にしか分からない最高の瞬間のはず。

話を聞いただけでも羨ましかったですね。儲かる儲からないみたいな損得勘定ばかりが日常の現代に、ただ“飛びたい” という一心で好きな仲間と時間を忘れて熱中出来る事なんて他にそう多くはありません。有志が集まって一つのものを作り上げる楽しさと、大勢の人に見守られながら一発勝負の本番に挑戦する勇気、とても貴重な経験だと思います。

今年は残念ながら記録的な結果を残すには至らなかったようですが忘れられない思い出になったに違いありません。

相変わらずTVの放送を見ただけの私ですが、今年はそんな私にも良く分かる大変な記録が出ましたね。まだこれから録画を見る人にはネタバレになるので詳細は書きませんが感動しました。やはり一度は現地で見るのも良いかもしれません。いや、知人のチームに入れてもらって一緒に参加するという考えも...。

三味線みたいな乗り物

Posted on 2017/06/06

昨夜のAppleさんのイベントは久しぶりに充実していた気がします。睡眠薬に近い英語の講演を聞き終えたらすっかり夜が明けておりました。そんなイベントの内容や新製品情報なら既にネットに溢れているでしょうから私はこちら。

Kiwano K01と呼ばれるこのミニマルな乗り物、調べてみたらKiwanoというメーカーのK01だそうな。一言で言えば進化した現代版セグウェイですね。セグウェイだって十分現代の乗り物ですけどこちらはそれが更に小さくなって1輪のみ。

嬉しいのはその価格です、セグウェイって100万円コースだったのにこちらは10万円以下の799ドルだって言うんだから随分身近になったものじゃないですか!

最高速度32km/hで32km走行可能、サスペンション付きでオフロード走行だってへっちゃら。驚く事にbluetooth接続にてスマートフォンからのコントロールも出来るらしく無人でも走行するんだとか。そんな使い方をするかどうかは別にして、人が乗っていなくてもそのハンドルは地面に倒れないのね?っていう驚き。

しかし今現在日本への配送は未対応だとか。仮に送ってくれたとしても日本では公道で使用できませんから一気に用途が限定されてしまいますね。日本の道路交通法もそろそろ見直し時を迎えている気がしてしまうのは私だけでしょうか? せめて40km/h以下の乗り物は常識の範囲で自由に公道が走行できるくらいのゆとりが欲しいです。まあその常識の範囲を超える人達が出てくるので ”決まり” を作らざるを得ないのでしょうけど。

でも今のままだと世界的にこういう未来的な乗り物が当たり前になったとしても日本だけは車とバイクと自転車だけになってしまいますよね。HONDAやTOYOTAだってこれに負けないくらい面白い乗り物を作っているのに一向に日の目を見る気配がないのはそうした法的な縛りが強すぎるような気がするんですよね。

グライダーが好き

Posted on 2017/02/02

Googleさんの親会社が太陽光発電ドローンプロジェクトを中止というニュースを昨日目にしました。Googleさんは昨年自動運転カーの開発もやめてしまったと記憶していますが、将来的に大きく夢のあるプロジェクトを次々やめてしまう何らかの事情があるのでしょうか。Appleさん同様IT社会を引っ張っている大きな組織だけに少し勿体ない気がします。

しかしこの写真を見ていて思ったのですが、実機に限らずラジコンの世界でも電動グライダーの主翼にソーラーパネルを貼り付けエコな動力を心掛ければ太陽がある限り飛び続ける事は出来そうな気がしてきます。現実的に人が操縦する(逆にここを全自動化しては面白くない)事を考えると、永遠に飛び続ける必要は無く、せいぜい30分とか1時間の飛行が出来れば楽しめますよね。

本気でグライダーをやっている人からすれば、そもそもサーマル(上昇気流)を上手く使う事で飛び続けるのが醍醐味だろう!と怒られてしまいそうですが、そこをあえてソーラーエネルギーで穏やかに飛び続けるというのも面白いかと。

まあ、こんなことを考えるのは他でもなく、空飛ぶラジコンの中で私は音もなく飛べるグライダーが好きなのと、昔父親と一緒にラジコングライダーを飛ばしていた頃は、100メートル近くある長く強力なゴムをウインチの代わりに引っ張っていた記憶があり、機体から外れたゴムを拾いに行くのが子供の役割だったのを思い出しまして。先端に付けた飴玉に騙されて何度拾いに行った事か...。

ソーラーグライダー、F3Bみたいな競技はさておき穏やかに飛ぶだけならなかなか良さそうです。

こんなハニーでポップなアイテムだったかな

Posted on 2017/01/07

先日SNSか何かのリンクに上の動画が表示されたので見てみたところ随分ポップな感じのドローンのPVでした。Surehobbyの商品ページによればJJRCという中国トイラジコンメーカーが発表したH37 ELFIE Love520という機体で、2017年のバレンタインギフトとして早々登場という事のようです。

見た感じがZEROTECHのDOBBYそっくりだとか、もっと小さなドローンなんて今日日沢山あるとかそういう事はこの際横に置いておくとして、この動画を見ただけでドローンの社会的認識が変わってきたなぁそんな事を感じます。

ほんの5年ほど前までは「空飛ぶラジコン」といえばその道を極めたごく一部の人のみの趣味でしたが、今や女の子がバレンタインでポケットから出してプレゼントですか...。まあこの延長に自動車の自動運転技術などが存在しているかと思えば納得ではありますが、普通に飛ばすだけなら特殊な能力不要となれば優越感や達成感とは無縁の世界になってきましたね。端から見ても同様でしょうし。

むしろドローンならではの技術や機能は物凄いスピードで進化していますから、これまでの ”空モノ知識” よりも新機能の仕組みやアプリケーションの使いこなしの方が問われるようになってきていて、人の手で操縦するより新機能に頼ったほうが正確に操れるようなところまで来ていますから、ユーザー層が移り変わっていくのは自然な流れかもしれませんね。

ところでDJI Mavic Pro、そろそろ1ヶ月待ちくらいで入手出来るようになってきたようですが...。

やっぱりDJI Mavic Proは凄かった

Posted on 2016/11/04

diary6774

仕事上たまたまDJI Mavic Proに触れる機会があったのでじっくり実機を見せて頂きました。大きさや重さは想像通りと言いますか事前調査通りだったのですが、思いの他プロポが小さかった事と、機体とプロポをセットで入れられる専用バッグは一眼レフ用の一番小さなカメラバッグ程度で機動性の良さを再認識。

と、今日はそこまでのつもりが「飛ばしてみますか?」のお言葉に甘えてちょぃちょぃっと...。

鉄筋コンクリートの室内、GPS受信ゼロ、にも関わらず離陸直後から空中に貼り付いたようにホバリング。ちょっと意地悪をして床から50cm程度の低空飛行をさせるも地面効果の影響などものともせずビタ止まり! これまでのPhantomとは別次元の安定感。例えるなら ”手で持つより安定している” 感じ。

それでいてスティック操作に対する反応は非常に敏感で機体の軽さがそのまま運動性能に反映されています。Phantomと比べるとセダンとスポーツカーくらいの違いがあり、動かしたいように動き、止めたいところで止められる...。まあ私の知るPhantomは2世代前のPhantom2ですから最新の4はもっと高性能なんでしょうけど。それからこのMavicは壁などの障害物に接近するとプロポからバイブレーションによるフィードバックがあり教えてくれるのですね。

総合的に見てこのMavic Pro「スバラシイ」の一言に尽きます。これはもう未来からやってきたドローンです。実家の長野に帰ればいくらでも飛ばせる場所はありますからすぐにでも購入したいところですが、先日高級なパソコンを発注したばかりでして...。

8兆円ビジネスとも言われているのに

Posted on 2016/10/11

diary6742

普段、一般企業の人気とか実績とかそんなことには何ら興味を示さない私ですが、先日「2016年第三四半期ドローン企業ランキングTOP20」の発表があったのでそれについて少し。

ドローン本体の製造メーカーだけではなく、ソフトウェアやシステム開発を行っている企業も順位に含まれる結果で、トップは言わずもがな中国のDJI、続いてフランスのParrot、3位が中国のXiaomiとなっており、悲しいかな日本国内メーカーはTop20に1社も入っていません。

冷静に考えれば近年これだけドローンブームの中にいて、日本国内で思い浮かぶドローンメーカーを挙げよ!と言われても確かに何一つ浮かんでこないわけで。勿論PRODRONEやYDSのようにドローン事業を積極的に展開する会社もありますが、コアとなる機器やパーツはやはりDJIに代表される中国や韓国のものを組み合わせており、その場合は製造メーカーやシステム開発というより取扱店に近い立場であるためドローン企業とは呼べないのかもしれません。日本の双葉やJR PROPOはプロポの老舗ではありますがドローンメーカーではないですしね。

しかしトップ20までにエントリーされている国の偏り方ときたら驚きましたね。中国、アメリカ、フランス、この3ヶ国で独占されています。スイスとカナダもランキングされてはいますが共に一枠のみ。いずれも土地を沢山持っている国が強い気がしますが勿論それ以前にドローンへの意識レベルの違いがありそうですね。韓国がエントリーされていないのが意外ではありますが。

今はまだドローンに特化した技術。しかし今後それが車の自動運転だったりロボットだったりと応用されていく事が予想され、この先日本企業は大丈夫なのか?と心配になります。

方向性が定まらない時期

Posted on 2016/09/30

diary6729

DJI MAVIC PROの事が頭から離れないここ数日。飛ばせる環境の有無は別にしてなんだか欲しくなるパッケージに仕上がっている事は間違いなく、私のようにドローンへの興味が再加熱している人は少なくないはず。

しかし今年から来年にかけ私は何かと物入りで、自宅と仕事の中核を担うMac Book Proの更新がありますし、ボタンが反応しなくなり壊れかけのデジタルカメラの更新も重なり、仕事柄映像制作を教える立場にありながら自宅はブラウン管のSDテレビ環境という点もさすがに何とかしないといけませんし、来年夏前にはMINIの車検が控えていたりで、とても無駄遣いをしている余裕はなく...。そう言えばMINIのボディカバーも大分傷んでいるなぁとか。それもゴアテックスだったりするので買い換えとなると丁度新型iPhoneくらいのお値段しますしね。

まあどれも無くて生きていけない事はありませんから ”贅沢装備” と言われればそれまでですが、それが私の原動力だったりしますから必需品とも言えるわけで。正直今はどこから手を付けようかと思案中。デジタルガジェットは発売時期と購入時期のタイミング!がありますしね。

写真の小さなクアッドコプターくらいならすぐにでも買えますかね。これでFPVも実現しているそうな。