都会に案山子はない

Posted on 2017/08/07

都会ってこういうところなんだな!って20年以上前に感じた感覚を思い出した瞬間でした。学生だった当時、東京には緑が少なくてコンクリートで出来ているから動物がいない...みたいな先入観は現実を前にあっけなく裏切られたわけですが、畑や田んぼにいるのが普通だったスズメが東京にもいるのは不思議じゃないにしても、ここでは田舎のスズメのように人を見たからといって逃げ出したりしない...。そこに驚いたのを覚えています。

田舎の鳥は物音がしたり人の動きを察知すると一瞬で羽ばたいて遠くへ逃げてしまうのに、東京では隣を人が通りすぎても驚きもせず共に共存している感じ。

上の写真の場所なんて屋内にまで入り込んできているわけですから長野(南部)の実家では考えられなかった光景ですね。スズメからしたら目ぼしい餌が人の食べ残しやこぼれたお菓子のかけらだったりするのでしょうから、人の足下で常にスタンバイ!というわけです。

やっぱり都会って生命が生き抜くには少し不自然な場所ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です