Simply mini J

1日5分、その日の自分を振り返る時間を作りなさい。
    昔そんな話をお坊さんから聞いた。

ジムニーのシフトノブを変えてみた

By
All Photo by inos

ジムニーのシフトノブ。標準品でも悪くはないけれど合皮が故に汗ばんだ手で握るとベタベタが気になっていたのは先日の日記に書いたとおり。

そこで購入してみました、タニグチオリジナル品。ジュラコンとアルミパーツによる5ピース構造。

一般的にシフトノブの装着と言ったら “ただねじ込むだけ”。しかしジムニーはそこんとこ少々難儀します。

最終的にはねじ込まれている事に変わりはありませんが、御丁寧に接着剤がネジロック剤としてたっぷり塗られており素手で取れるようなシロモノではございません。人によってはハンマーで叩いたり、パーツを破壊して取り外す人もいるくらい。

まずはノブとねじ込みパーツとの間をマイナスドライバーでこじ開け、ひとまずノブだけ取り外した後、ガッチリ接着剤で固められたプラスチックのねじ込みパーツを取り外しますが、私は写真のようにロック式プライヤー?でゆっくり回転させて外しました。

想像以上に硬いので、ネジを緩める方向に回転させる際シフトノブそのものが壊れてしまうんじゃないかと思うくらいでした。無事に外れましたが...。

あっという間に装着完了。見た目はまずまずですがノーマルより一回り小さい感じです。

今日はそのまま試運転がてら富士山の麓までドライブ。試運転にしてはやたら長距離ですね...そちらの詳細についてはまた後日。

さてシフトノブ交換後の使用感ですが、ん〜悪くはないが良くもないという感じ。シフトノブそのものの重量が軽めなのでシフト操作はもろに手の力で行う感じになります。そういうダイレクト感が好きな人には良いかも。でもどちらかというと重量級のノブの方がシフト操作そのものがソフトに決まる傾向があるので、このノブにする事でちょっとメカニカルなシフトフィールになります。慣れるかな?

それからデザイン的な理由だと思いますが、アルミ部分にはローレット加工が、またジュラコン部分は写真に写らないくらいに細かなライン加工が施されている関係で、表面がザラザラした感じです。使い込んでいけば肌に馴染んでくると思いますが、少なくとも今は目の細かなサンドペーパーを握っているみたいです。滑らなくて良いと言えば聞こえは良いですがちょっと手触りは微妙です。

この先しばらく使ってみて、好きになるか、嫌いになるか、どこかで分かれ道が来そうな気がします。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)