未だにはっきりしない場所

Posted on 2017/08/10

せっかく喫茶店で時間を使うのなら、私もこんなふうにコーヒーの味を楽しむくらいが理想だと思っています。

近年はどちらかというとお茶やコーヒーを飲むなら喫茶店という場所は先方との打ち合わせなどに使われる事が多く、一人で飲むならパソコンやスマートフォンを眺めながら...というスタイルが一般的。学生が友達と一緒に勉強という光景は昔からですね。私目線で言えば学生のうちから喫茶店に入れるなんて随分裕福だなぁなんて感じてしまいます...。

喫茶店という場所は未だにその存在がはっきりしないところがあります。本来はお茶やコーヒーを飲む場なんだと思いますが、先にも書いたように現代は ”何かをするついでにコーヒーを注文する” という本末転倒感は否めず、その多くは場所を借りている!という感じ。

だから実は私個人はあまり喫茶店が得意ではないというか、ちょっと落ち着かない感じがするんですよね。休日に次の予定まで少し時間があるから喫茶店でコーヒーでも飲もう...と入ると、両脇のお客さんがパソコンでカチャカチャ何やら資料を作ってる!みたいな状況は自分まで休日に仕事をしているような気になってしまって...。

例えるなら、アルコールが好きな人が居酒屋に行って今日はパーッとやろう!と思ったら、周りの席は皆仕事していた!みたいな感じですかね。居酒屋でそれはあり得ませんけど。いえ、全ては自由なので仕事でも勉強でも調べ事でも友達とのおしゃべりでも良いのですが、私のようにコーヒーを飲む為だけに喫茶店に入る人って実は少ないのかなぁ...と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です