Simply mini J

1日5分、その日の自分を振り返る時間を作りなさい。
    昔そんな話をお坊さんから聞いた。

渡せなかったウイロモナカ

By
All Photo by inos
駅弁買うならひつまぶし弁当が良いだとか、ういろスティックが可愛いだとか、仕事終わりの新幹線を待つ時間は解放感に満ちていて全てが2割り増しで魅力的に見えます。

お目当てのひつまぶし弁当は手に入らなかったけれど天むす弁当だってなかなかに名古屋を象徴していて、ういろとセットになれば良い勝負。

新幹線ホームに向かうにはちょうど良い時刻となり、お会計を済ませたレジを後にしようとしたところ、同僚の顔色がどうも普通じゃない...。聞けばiPhoneが行方不明だという!

まあそういう場合も大抵はバッグの底から出てきたりするものですけどね、今回は違いました。

私のiPhoneから「iPhoneを探す」アプリを使って検索してみると該当筐体は隣駅付近にある感じ。名古屋駅まで乗ったタクシー車内に忘れた可能性が高くそれを物語るように周辺を直線的に動き回る挙動が地図から読み取れました。

こんな時Appleのデバイスは本当に頼もしく、私のiPhoneから同僚のデバイスを探せるだけでなく、リモートで音を鳴らすことも端末内のデータを消すことも出来、個人情報の流出を防ぐことができます。

また、一個人で複数のAppleデバイスを所有している場合にもそれぞれの端末間で場所の特定が可能です。iPhoneからiPadを探すとか、MACからiPhoneを探すとか。

今日のところはiPhoneが動き回っているという挙動からタクシーに置き忘れた事が分かり直ぐにタクシー会社に連絡を取ることが出来ましたが、特に何処に置き忘れたか記憶がないような場合には、何を手がかりに探して良いのか分からないでしょうし、気持ちも動転しているので、こうした機能が取説を読む事なく咄嗟に使えるのは本当に助かります。

ただ今日の場合は新幹線のチケットをそのiPhoneで購入していたらしいですから発見されないことには東京へ戻れないわけで。そして新幹線の発車時刻は数分後。まあ間に合いませんよね。

そうなればもう慌てることはありません。こちらへ向かってくれているタクシーを待つのみです! 私のiPhoneを見ていればタクシーが徐々に近づいていることが分かります。

想定外だったのはタクシーとの待ち合わせ場所にはその他にも沢山のタクシーが止まっていた事。いったいどの車両?ってな感じで。最後の最後は電話でやりとりが確実ですね。

遥々隣駅から届けに来てくれた親切なドライバーさんにはお土産用に購入してあったウイロモナカを手渡そうと思ったようですが、タクシーの停車位置がバス停の近くだった事もありそのお礼すら出来ず走り去ってしまいました。ドライバーさんどうもありがとうございました!

その時思いました。ここが日本という国でよかったなぁと。そしてiPhoneを探すアプリは良く出来ているなぁと。

手渡せなかったウイロは新幹線の中で私が美味しく頂きました!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)