Simply mini J

1日5分、その日の自分を振り返る時間を作りなさい。
    昔そんな話をお坊さんから聞いた。

地球の裏から4日でやってきた

By
All Photo by inos

 

イギリスへオーダーしたのは月曜日の深夜。驚く事に昨日の金曜日には我が家へ到着しました。Parrot ASTEROID。その間、ドイツと中国を経由して成田へ到着するまで、UPSのトラッキング情報を見ているだけでなんだか自分が世界を旅しているかのようでした。

前もって情報収集はしていましたから製品のディテールは大体分かっていましたが、実際手にしてみるとやはりその奥行きの短さを実感しますね。CDやカセットデッキが無い分、Androidメディアプレーヤー本体とアンプのみの構成です。内蔵アンプを使わず、外付けの高級アンプを使いたい方のためにRCAのLINE OUTも装備しています。ちょっと気に入ってしまったのは、本体の外枠(黒い部分)に触れるとひんやりしていますから金属製のようです(ボタンやディスプレイはプラスチックです)。国内のカーステレオの殆どがプラスチッキーなのを見ていますからこういう質感がたまりません。ディスプレイは3.2インチTFT液晶です。

 

愛車MINIに装着するにあたりポイントは2つ、入出力のハーネス形状が適合するかと、本体が上手くマウント出来るか。ハーネスに関してはISO規格のものが着いているようで、ピン配列含めMINIにはカプラーオン(ただ接続するだけ)です。むしろMINIに国産のカーステレオを着ける場合には変換ハーネスが必要になるようですから、逆にこのParrot ASTEROIDを国産車に装着する際にはそれなりのハーネスが必要になるのかも知れません。でも最悪は先バラのケーブルを繋いだとしても接続はいたって簡単、+ACC電源(スイッチ連動)と、バッテリー直電源(スイッチ非連動)、GND、リアスピーカーのみです。フロントスピーカーのある車種やサブウーハー装着車はそれらも接続します。オートアンテナにも対応しているようです。

ソースとしてはiPhone、USBデバイス、SDカードですね。USB端子はiPhone専用も含め計4ポート。SDカードはフロントパネルを半分だけ外して挿入します。この取り外し可能な操作パネルも良く出来ていて、ボタンをワンプッシュするだけで取り外し可能ですが、センターにボール状のマグネットが着いており、うっかり落とさないよう工夫されています。

カーステレオらしからぬ装備としてはGPSアンテナがあります。これはスマートフォンとティザリングでネット接続した際に、3.2インチの液晶ディスプレイを使ってナビゲーションらしき事が出来る事と、交通情報、インターネットラジオが利用出来るようです。残念ながら日本国内では私のiPhoneでティザリングが出来ませんからこの機能はお預けといったところです。ネット上の情報によると日本の携帯電話でこのカーステレオと上手くティザリングが出来る機種は少ないようですから、それを目的として購入する方は注意が必要ですね。

FMラジオは日本では勿論使えません。ヨーロッパ仕様ですから周波数が対応していないです。これについてはソフトウェアの書き換え等で何とかなるようですから後日挑戦してみたいと思っています。その他、Bluetoothとアナログライン入力も装備しています。

さて、実は既に本日MINIへの装着も完了していて、あとはケーブル等のビリつき処理だけなのですが、全ての作業が終わった頃には日が暮れておりまして写真が撮れませんでした。インプレッションは明日以降ということで...。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)