月別アーカイブ: 2011年3月

別れにはいつもやさしさがある

Posted on 2011/03/31

いよいよ今年度も最終日となりました。会社にとっての卒業式のような、少し寂しさの漂う1日ですね。

実際私の周囲でも本日付けで退職される方もいらっしゃり、また社内での移動などもそれなりに行われました。寂しさばかりを引きずってもいられず、明日からは新たな出会いがあるのだと分かっていても、時計の針が時間を刻むように人の心はすぐに移り変われないのが辛いところです。

人は、出会い別れを繰り返しながら強くなっていくのだと思いますが、いざ自分がそこを離れる時までには、周囲に何かを残して行けるような人でありたいと常々考えています。あの人ならどう考えるかな?そんなふうに思い出してもらえるようになるには、私などまだまだ小さな人間です。

品川で見たソメイヨシノはその蕾がもう十分に色づいていて、今日開いてもおかしくないところまできていましたが、きっと最初の1つはドラマチックに明日を演出するのでしょうね。どうかこの春の訪れが全ての人に平等に届きますように。

自転車の時期

Posted on 2011/03/30

東京は徐々にスギ花粉が和らいできた気がします。恐らく飛散している量はそれほど減少していないのだと思いますが、人体は環境に応じて体質が作り上げられるのでしょうね。同じ花粉に2カ月も反応していれば多少は鈍感になってくるというものです。

いつのまにやら、自転車に乗るのに手袋と耳当てが不要になって、いよいよ春の訪れを感じます。今年こそ大島1周。いや、色々考えるとやめておいたほうが無難でしょうか。

ツインエアーはいかに

Posted on 2011/03/29

知人がFIAT500を購入したと話しているのを聞いて、興味津々の私が反応したのは購入した事にではなく ”ツインエアー” なるキーワード。どうやら知人は標準仕様のモデルを注文したらしいのですが...。

早速ネットで検索。いつもならFIAT500に関してこの私が下調べしないはずが無いのですが、何かと浮気性であることの自覚から、ついつい ”その気になりそうな” アイテムに関してはなるべく知らぬままそっとしておいたのでした。なのでFIAT500に関しても未だに試乗すらしておりません。絶対欲しくなりますから。

さてそのツインエアーですが、これが何とも魅力的なキーワードだった事が分かりました。ツインエアー = 2気筒、そうFIAT500に2気筒エンジンが搭載されたモデルが登場していたのです。これは心身ともにしびれますね。今や都会ではV8なんて車も珍しくないというのに、2気筒です。オートバイみたいです。その拘りが素晴らしいですし、FIAT500だから許されるというか逆に魅力に繋がるのでしょうね。正直このモデルは乗ってみたいです。2気筒とは言っても、現代の技術が注ぎ込まれていますから想像するような振動や音とは違うのでしょうけど、それでも4気筒やそれ以上のエンジンには無い独特の楽しさがあるんじゃないかと、そんな事ばかり想像しています。

最新のテクノロジーで作られたロボットのような車に求めるものは、自分で運転している実感だと私は思います。

どんどん安く便利に

Posted on 2011/03/28

Atomosというメーカーからプロ用機材としてApple ProRes 422収録が出来るモニター一体型HDD(SSD)レコーダーが発売されています。本日のEngadgetなどのニュースでも取り上げられていますね。

これまで撮影時にカメラと接続してHDD記録出来るアイテムとしてはAJAのKiProが定番でしたが、その他のメーカーからも同じような機材は発売されていました。でもそのどれもがHDDへのファイル収録が目的ですから見た目はHDDにIOを取り付けたようなスタイル。でも今回注目のAtomos製レコーダーはモニターとしても使用出来るというもの。

HDMI入力のNINJA、HDSDI入力のSAMURAIという2モデルが用意されているようで、使用するメディアには汎用の2.5インチHDDかSSDが使用出来、ホットスワップにも対応しているようです。タッチパネル式のモニターですからカメラに取り付けてレコーダー一体型EVFとしても使えますし、撮影後にプレーヤーとして収録結果の確認にも勿論使えます。場合によっては他のVTRの外部モニターとしても使えますね。

ちょっと期待してしまうのは画面内にタイムコードが表示されている事。HDSDIにMUXされたタイムコードにスレーブ出来ればタイムコードリーダーとしても使えますね。単に記録中のカウンターだけではあまり便利ではないかもしれませんが。

欲を言えば、波形モニター表示がオーバーレイ出来て、HDMIとHDSDIのマルチ入力、ProRes以外のファイル形式にも対応すれば最高ですね。フルセットで10万円を切るようですからそこまで望むのは無茶でしょうか。

車はいつも奇麗に

Posted on 2011/03/27

風が強まる春ですから、ボディカバー2重掛けのMINIにも多少は埃が被ります。そのままカバーを掛けておくと塗装表面が擦れて細かな傷が付いてしまいますから、汚れていないように見えても定期的な洗車を怠ってはいけません。天気はそこそこ良かったものの空気の冷たい一日でしたから水仕事は少々大変でした。

昨年のJAPAN MINI DAY in 浜名湖で購入した ”32/32よだれかけ” も洗車時だけは外します。白いボディにこげ茶のよだれかけは最高のマッチングですが、水に濡らすとさらに濃い色に変色してしまいそうですから...。さて、そもそも車に ”よだれかけ” って何ぞや?という方へ。これは、MINIの給油口はボディより外に飛び出しているため、給油時にガソリンがボディにこぼれ落ちる事が多いのです。場合によっては走行時にこぼれる事もあるようです。そこで直接ボディに付着するのを防ぐための実用アイテムが ”よだれかけ” なのです。私は実用性よりオシャレな差し色としての意味合いが大きいですが。

今日は洗車だけでなくSuper Autobacsにてタイヤカバーの調達もしてきました。次の週末には愛車MINIがいよいよあの ”カッコイイ靴” を履く事になるのですが、同時に今履いているタイヤとホイールは予備となります。でもそれはそれで ”必要になる時” がありまして、それまでは安全で邪魔にならない場所に閉まっておきます。

東京では駐車場に置いてあるものは ”持っていかれる” と思ったほうが良いようで、安全を考えると必然的にマンションのベランダに置く事になるのですが、1Fとは言え、さすがに外からのアクセスによる持ち出しの絵は ”盗人” と勘違いされるでしょうから、部屋の中からベランダに積み重ねる事となります。奇麗なタイヤを扱う時は良いのですが、雨や埃で汚れたものを一旦部屋の中に持ち込まないといけないとなると予めそれなりの対策はしておきたいところ。結局、一本づつをカバーで包み、それを4本まとめて上から2枚目のカバーで包む事にしました。でも肝心なのは一番下になるタイヤ。これは雨に濡れても良いようにベランダにはウッドデッキパネルを敷く事にしました。これにて水はけもばっちりでしょう。

そもそもタイヤの長期保存って立てて保管が良いのか、寝かせて保管が良いのか、という話もありますが、ホイールが付いていればどちらでも良いですね。さあ、数ヶ月に及んだ足元のオシャレが来週には実現します。

MINIに乗れば楽しい水汲み

Posted on 2011/03/26

先日までの長蛇の列は何だったのか?と思わせるほど落ち着きを取り戻したガソリンスタンド。特に給油量の制限も無くセルフで入れられました。

私のMINIはガソリンタンク内が錆びないよう常に満タンにしてあり、その日走った分だけ給油をしますから10リットル以下の注足しが殆どです。ですので先日のように上限を10リットルとか1,000円までとルール決めされてもそれ程支障はありません。それより行列に並ぶのが考えものです。

今日は久しぶりにMINIに乗りましたから少しは遠出でもすれば良いのですが、今週やらなければいけない事も色々あってドライブがてらの買い物となりました。ガソリンと同じようにニュースで報じられているような品はスーパーやコンビニでも入手し難いのだと思いますが、私のように世間からワンテンポ遅れて行動する人にとっては案外その影響は少ないようです。水もインスタント食品もパンも在庫がありました。

実は水が入手困難と聞いていたので、水槽の換水用RO水が行きつけのスーパーで汲めないのでは無いかと心配したのですが、何の問題も無くいつも通り1,2人の待ちだけですんなり汲んでこれました。逆浸透膜を使用したRO水は放射線さえ取り除かれるとネットの記事で読みましたが実際のところどうなのでしょう?私のようにアクアリウムで使う分には良いですが、飲み水や調理用途で使うとなれば、水道水をフィルターで浄化するミネラルウォーター販売機はその性能次第となるはずです。

スーパーに置かれた販売機の中にも、「ミネラルウォーター」、「おいしい水」、「アルカリイオン水」などと書かれているものと「RO水」は別物だという事を知っておいたほうが良いかも知れません。

スマートフォンの鍵はバッテリー

Posted on 2011/03/25

iPhoneに始まった感の強いスマートフォンですが、昨年末の時点で携帯端末売り上げの約3割がスマートフォンになっていると聞いています。その中でもSoftbankは7割を占めるのだとか。この先はケータイ市場の8割がリプレースされると言われています。

さて、昨年から今年にかけて携帯電話メーカー各社から続々とニューモデルがリリースされたスマートフォンですが、端末の種類に関わらず、第一声として聞く事が多いのは ”バッテリーがすぐ終わっちゃう” という意見。これは確かにその通りですね。毎日充電は必須ですが、場合によっては朝晩の2回を心掛けなくてはならないほど。

私もiPhoneの充電対策として常にUSBドックコネクターケーブルを持ち歩いていますが、時にUSB機器が無いような環境で長時間過すような時、ケーブルだけでは役に立ちませんからeneloop stick boosterを鞄に入れている事もあります。でも結局eneloop stick boosterではiPhoneをフル充電する事が出来なかったりして、安心材料にするには少々役不足です。

電車の中などで見ていても、充電ケーブルを繋ぎながらスマートフォンを操作する人は殆ど見かけませんが、皆さんやはり朝晩の充電や、自宅と会社での充電を心掛けているのでしょうか?

私は今もスマートな電源供給を検討中です。

皆で考えるのは今だけの事では無い

Posted on 2011/03/24

世間が買い置きに少しの反省を感じ始めていたというのに、今度は水が放射線に汚染されたとの事で再びお店にはミネラルウォーターが欠品中。人には優れた学習能力があるはずだけれど、頭ごなしに ”危険” と叫ばれれば自らの身の安全を考えるのはこれまた本能というものです。

私はペットボトル1本の水も準備しておりませんが、それでも水道水を直接飲む事を避ける程度の心掛けで十分なんじゃないかと考えています。と言うのも、結局外食をすればその調理に使われているのは水道水でしょうし、毎日お風呂にも入りますし、雨に当たる事もあります。飲み水だけ気をつけたところで焼け石に水なんじゃないかと。

ニュースを見ていると原子力発電の仕組みや構造について、専門家がテレビ局をはしごしながら説明していたりしますが、ある程度私達もそれを勉強する事は大切でしょうが、本当に考えたり実行に移さないといけないのは今後原子力発電所を作らずにどう電力を賄うかではないでしょうか?

福島第一原発は今後廃炉になることは明らかだと言われていますが、だとすればそれに代わる発電所を何処かに作らない事には先に進みません。でもこの期に及んでいったい誰が原発新設に賛成するでしょう?そろそろ根本解決を図る時。デンマークやドイツのように沢山の風力発電機を海の中に建ててはどうでしょう?日本は海に囲まれた国なのですから。

穏やかな土地

Posted on 2011/03/23

ホテルから見えた桜島。私が鹿児島に来る時はいつも穏やかな表情ばかりでしたが、今日はいつになく煙をもくもく立ち上げておりました。

東北や関東の地震の影響を思えばさすがに九州は穏やかで、コンビニに単1電池が売り切れている事以外は至って平凡な時間の流れ。そして早くも桜が咲いておりました。開花宣言も出されたそうです。

この春の知らせ、1日も早く東北地方に届くと良いですね。

人工的な自然には工夫が必要

Posted on 2011/03/22

始発に近い電車に乗って鹿児島行の飛行機が待つ羽田に向かったのは、絶対的な電力不足の影響で都内の電車移動が今でも不安定で時間が読み辛いから。おかげで夕べは1時間半程度しか眠れなかったけれど、そこまでしてもなお配なのは水槽の事。

先日UPSを導入し計画停電への対策もバッチリと思っていたところ、想定外のところに見落としがありました。それはマメエコライトの停電対策。マメエコライトの電源はUPSから取らず停電時に消灯してしまうのは仕方がないとして諦めていたのですが、念のため実機による動作確認をしてみたところそれほど単純な話ではないことが分かりました。

マメエコライトは明るさや点灯時間を設定するコントローラーによって時刻通りのプログラムを集中管理できるのですが、一旦停電となると内蔵時計がリセットされ0:00に戻ります。と、ここまでは想定内。仮に時刻がリセットされれば、それ以後は時差こそ出るもののプログラム通り時系列で動作すると思っていました。しかし現実は時計がリセットされると同時にプログラムモードから抜けてしまい、停電復旧後は常時点灯モードにて起動します。つまり、それ以降はタイマーが働かなくなりライトは点きっぱなしとなるのです。

さすがにこれでは魚達が眠れません。であれば、やはりマメエコライトもUPSから電源供給するか...と考えましたが、その場合には長くて1時間程度しかバッテリーが持ちませんから3~4時間続く計画停電には対応できません。

結論として今日のところはマメエコライトではなく、アクアシステムズ製の蛍光灯をNISSOのウィークリータイマーで制御する方向でセットし東京を発ちました。NISSOのウィークリータイマーは仮にどんな状況で停電になっても設定時刻通りの動作で復旧してくれるためライトが点きっぱなしや消えたままになる心配はありません。

マメエコライトも朝日と夕日のフェードモードを諦めれば外部タイマーによる制御が可能なはずですから、明日以降東京に戻ってから色々な条件でテストしてみようと思います。いかんせん夕べはこれらの事に気が付きテストを開始したのが深夜2時半位でしたので詳細なテストは出来ませんでした。良い結果が得られれば今回の計画停電期間中の対策としてはマメエコライト+外部タイマーという組み合わせが安全な気がします。

そこまでしてマメエコライトを使いたい理由、それはやっぱり珊瑚が綺麗に見えるのと、それらの成長が違うからです。